「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーフィート

 かわいいペンギンがダンスするアメリカ製キッズ・アニメ・・・に見せかけた別の何か。タップ・ダンスは得意だけど音痴だから求愛できないというはみ出しコウテイペンギンを主人公にしたハートフルな物語かと思ったらところがぎっちょん。主人公の両親のモデルがプレスリーとマリリン・モンロー、使用楽曲は80'sって所からわかる様に真のターゲットは大人でして、テーマもデリケートかつディープなのでした。

 擬人化ペンギンのタップダンスというファンタジーでありながら、極寒の氷原で身を寄せ合い絶食状態で立ったまま抱卵するオス達や、ある程度育つと形成される雛たちの共同保育所などなど、ペンギンの生態を意外と真面目に再現していて感心したのも束の間、この「意外と真面目」という製作姿勢が曲者でして、やがて予期せぬ方向へと踏み込んでいくのでありました。

 前半はありきたりな展開ながら、ノリノリのダンスをこれでもかと披露してくれるのが嬉しいです。歌い出す瞬間の高揚感も丁寧に表現されてます。曲の使い方も巧いです。ただ、タップの足捌きと足音がきちんとシンクロして無いのが残念。あと、最初からペンギンたちが歌って踊ってしている為、主人公だけダメ出しされる理由がわかりにくいです。更に中盤ではレクチャー無しに他のペンギンもかなり踊れちゃう事が判明。こうなると主人公のアピール・ポイント自体が大きく揺らぐわけで・・・。
 しかし問題なのは後半で、家族愛とか求愛とかを放り投げてアドベンチャー・モードに突入するシリアスな展開。面白いアプローチなんですが前半の流れが殆んど無意味なのはどうかと。でも、いったいどうなるのかと引きつけておいて豪腕にもほどがある超展開で閉める厚顔に天晴れ。たぶん、SFファン以外置いてきぼりです。まさかのスピルバーグ・リスペクトに拍手喝采なのでした。ただ、色々な問題提起の意義は認めますが、メッセージはもう少しオブラートに包んで伝えるスマートさが欲しいところで、ちょっと生真面目過ぎるように思いました。

 最近のアメリカのCG技術は本当に質感が凄く、映像は良い意味でも悪い意味でも鳥肌ものでした。ラブリーな雛時代はいいのですが、30分後にはリアルなペンギンに人間の目を入れた怪しい生き物に成長していてこれがキモイです。しかも換羽しない主人公は毛並みを追求した一段と微妙な造形。天敵アザラシに至っては凶悪にリアルな外観で子供が本気で泣きそうなのでした。5羽のアデリーペンギンの可愛さに助けられてますが、インド映画さながらに歌って踊る愉快な雰囲気とのギャップはなかなかシュールです。氷原を滑ったり泳ぎ回るシーンはダイナミックで背景のリアルな南極とマッチしてるし、ロングショットの群舞にはさほど違和感が無いのだから中途半端にデフォルメしないでも成り立った筈なのに。

ハッピー フィートハッピー フィート
(2007/07/20)
イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/226-436f5a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。