「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンババア

 堀北真希目当てで観賞・・・なのですが、主役は鈴木京香と役所広司だと思い込んでました。「助演なのに出まくりだなぁ。」と思ってたら主人公は堀北真希の方なんですな。いや、失礼しました。
 原作は村上春樹に次ぐ国際的ベストセラー作家よしもとばなな。この人の小説は一編も読んだ事が無いのですが、この映画が原作の魅力を殆んど引き出せていない事はなんとなく想像が付きます。作風として知られる少女漫画的でファンタジックな空気感は上手く再現されずリアルに寄り過ぎていますし、脚本の出来も酷いです。コメディー・タッチで癒し系な大人のメルヘンを狙ってますが全ての要素が微妙。はっきりいって豪華キャストを集めただけの作品です。だから原作ファンも一般の映画ファンもしょんぼりでしょうが、堀北真希は可愛らしく撮れているのでマピールさんは満足です。

 昨今の日本映画を象徴するような駄目っぷりが光る本作ですが、最大の疑問点はアルゼンチンババアの演出。妻に先立たれ壊れてしまった父親が町中から白い目で見られるキチガイババアの家に住み着いて・・・という話でありながら、肝心のババアの中身が普通のおばさんなのです。リアルとファンタジーの狭間の突飛な存在であるべきババアが行動も言動も常識の枠から殆んどはみ出さないでどーするのか。一応、「臭い」という台詞はあるもののゴミ屋敷じゃなく猫屋敷だし、見た目には不潔には見えず中盤以降は臭い演出も皆無。アルゼンチン帰りの異文化人ってだけで、白髪頭とはいえ普段の鈴木京香と変わらないルックスでは、役所広司の死んだ妻・手塚理美や妹・森下愛子の方がよっぽどババアなので話が成立しません。
 更に根本的な問題として、全てのキャラクターの心情描写が拙過ぎるというのがあります。主人公と無責任に失踪した父あるいは父を奪ったババアとの決着にしろ、壊れるほど妻を愛した男の顛末にしろ納得のいく展開とは言い難く、その他の対立と和解も安易にイベントが消化されるだけで心境の変化がまるで伝わりません。マッサージ師の件に代表されるような掘り下げるなり切り捨てるなりしたい中途半端なエピソードがやたら目に付き、娘主観の物語なのに主人公抜きで話が進む事も多いので、最低限押さえるべき主人公の感情の流れすら曖昧になってます。これじゃ共感できないし感動に結びつきません。

 そんなこんなで厳しい出来の作品ですが、役者が良いので若干のストレスを常に受けながらも最後まで力押しでもってかれちゃう感じです。役所広司も鈴木京香もまともな世界から少し飛び出したヘンテコなキャラを監督の意図通りに見事に演じております。この二人は色々な役柄を柔軟にこなすんですが妙な演出にも素直に従っちゃうのが欠点で、日本を代表する映画スターのわりに駄作率が高いのがなんとも。今回も良い演技なんですけど・・・。
 で、堀北真希。彼女のシーンだけ殆んどアイドル映画なカット割りで笑ってしまうんですが、時にコミカルに時に痛々しく周囲に振り回されっぱなしの少女を好演。設定上、笑顔は終盤までオアズケですが、睨んだり困ったり驚いたりと様々な表情が楽しめてファン納得の映像満載です。なんというか、背筋のシャンとしたところがマピールさんはお気に入り。
 あと美術と音楽も結構好み。牧場の草原に建つアルゼンチンビルの色使いや異国情緒な内装とか小物類とか刺繍とかが良い雰囲気を醸し出しております。そこに流れるバンドネオンのアルゼンチン・タンゴも程好くマッチしてます。ただ、そこに住みついてる猫達が思いっきり「日本」していて溶け込めてないのが惜しい。それに比べイルカの造形が酷いです。なんであんなに安っぽいのか。

アルゼンチンババアアルゼンチンババア
(2007/10/03)
役所広司; 堀北真希; 鈴木京香堀北真希

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/235-936a54e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。