「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河童のクゥと夏休み

 噂に違わぬ大変な力作で2時間18分という長さ以上に濃厚。アニメでありながら昔ながらの正統派日本映画の匂いがする作品で、評論家や映画通から高い支持が得られているのも納得でした。どちらかといえば大人ウケの作風ですが、『のび太の恐竜』や『E.T.』と通じる定番ストーリーなので当然子供も充分に楽しめると思います。河童たちが存在するものとして見事に描ききった世界をたっぷり堪能。個人的には地方民に理解されにくい東京郊外というポジションを上手く紹介してくれたのもツボでした。しかしこの作品、商業的にはファミリー・アニメにあるまじき大惨敗を喫し、観た人だけで大反響という不遇な現状なのです。

 リアル寄りで可愛さ低目のキャラデザ、児童文学ベースの地味な題材、魅力を伝え損なってるTVスポットなどなど敗因はプロモーション不足に尽きます。公民館の映画会で観るような真面目テイストに萌系美少女不在と来ればアニオタ方面の後押しは期待できず、そもそも動画クオリティ自体は低いためアニメファンの点が辛いなどもあり、『時かけ』のようなネット&口コミからのブレイクも不発。長く観続けらる作品となるかはレンタルとテレビ放送による認知度アップ次第ですが前途は多難と言えましょう。なんたって母親の心を掴む要素が弱いですから喰い付きが厳しいです。

 とにかく演出力が際立ってるのが特徴で、最初のうちは可愛く見えない造形の河童も地味で平凡な主人公も話が進むに連れ魅力的になっていきます。精巧なキャラ描写と人物配置の賜物。素直で礼儀正しい河童のクゥが好感度抜群で、暖かい家族たちのリアルな心理も丁寧に描かれます。特にこまっしゃくれた妹の感情表現と声の演技が秀逸。そして、アニメに助演男優賞の資格があれば総ナメにしたであろう飼い犬が唯一の人格者として華を添えます。小学校高学年の男子らしい女子との距離感も絶妙でした。

 「共存できない者との出会いと別れ」というメインストーリーは単純ですが、そこに環境問題・メディアスクラム・フィーバーする一般大衆・イジメ・動物虐待など多種多様な深いテーマがぎっしり詰め込まれています。流石に欲張り過ぎな感はありますが、それでも共感度を高めて引っ張り続けた豪腕ぶりに恐れ入りました。しかも何の結論も出してない話なのに投げっ放し感より考えさせる余韻の方が勝ってるのが偉いです。時にノスタルジックに時に容赦なく残酷に、逃げも揺さぶりも無く真っ向勝負のエピソード群に脱帽。ただ渾身のあまり、本来『トトロ』のようなハートフルなポジションに納まるべき作品の筈がテイストが結構へビィになってるのが・・・。安易に媚びない原恵一監督の姿勢は立派なんですがね。

河童のクゥと夏休み 【通常版】河童のクゥと夏休み 【通常版】
(2008/05/28)
冨澤風斗横川貴大

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/238-1ec62c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。