「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HERO

 2001年に大ヒットした月9ドラマの劇場版。マピールさんにとってはフルコンプで観た今世紀最後の連ドラだったりしますが、サブキャラの設定とか殆んど忘れてしまっておりいささか困惑。どうやら間にTVスペシャルも挟まってるっぽい。まあ、両方未見でも終始出ずっぱりの木村拓哉を中心に観る分には問題ないと思います。映画足りうるスケールには程遠いTVドラマもどきの作品ですが、監督も脚本もTVシリーズのメイン・ディレクター&ライターとなると文句は言えませんね。大人気ドラマを堅実にやるならその選択もありでしょう。ただ、実際の脚本は堅実とは言い難い代物でしたが。

 問題はTV版では殆んど無かった法廷劇をドラマの中軸に据えてしまった事。刑事さながらの行動派検事による弱者へのヒューマニズムが好評を博しTVシリーズは大ヒットしたわけですが、思えば確実にキムタクナイズされてた事が成功の要因でした。自由奔放なキャラにしてもラフな服装にしても捜査中心のドラマだから成り立っており、主舞台を裁判所に移してしまうと違和感が強すぎます。それに共演者のフォローが受けにくい場で弁舌を駆使するので台詞読みの下手さも目立ってます。それでも松本幸四郎扮する日本最強弁護士の敏腕ぶりが披露されればそれを逆転するキムタクの格好よさも引き立つ筈なのですが、立証・反証ともにゆるゆるで二人揃って無能にしか見えないのでした。
 また、一貫して警察が存在しないかのような描写が為されるのも苦笑せざるを得ません。自白撤回に対するキムタクの初手はどう考えたって捜査に当たった警官の喚問でしょうに。警察は目撃者証言から犯人逮捕に到ってる筈で、常識的に考えて自白に従った実況見分も裏取りはも済んでます。犯行に使われた車が特徴的なんだから彼方此方で目撃証言も得られてるでしょう。全然、自白のみに頼った立件じゃ無いわけで、この部分を弁護士が全く崩して無い時点でその後のドラマ展開は破綻してます。
 香水やスペイン語など引っ張るわりに無意味なネタのオンパレードなのも気になりました。特に前半を費やし韓国ロケにまで及ぶ車探しの顛末。誰もが予想した理由で証拠が一蹴されそれっきりという展開には驚きました。普通はフェイクで別のヒントを掴んでたりするもんなんですが。イ・ビョンホンの謎の言葉も効果はイマイチ。これらがラブコメ用小ネタで終わってしまわず事件にも絡んでくれば良かったんですが。

 ただし、ラブコメの方はキムタクと松たか子の夫婦漫才風の駈け合いが健在で面白いです。6年間も進展なしという設定には無理がありすぎるものの、全体にデタラメの脚本でありながら2時間超をそこそこ楽しめるのは演出にぶれがないからでしょう。豪華すぎるレギュラー陣も独特のノリと流石の安定感で要所を盛り立て笑わせます。そして、事件の大小にこだわらず被害者の救済と加害者の更生に努めるという主人公のスタンスが利いているため、検事としての正論を吐きまくるクライマックスの法廷ドラマの流れも悪くはありません。これが陪審員制であればキムタクの演説で美しく締まる所なんですけどね。
 プロットは悪く無いしテンポも良くTVシリーズでの面白さも維持してるんですが、ファンサービスというより作品の流れを妨げるだけのチョイ役の使い方と、出来もしない『逆転裁判』に中途半端に挑戦して自爆した事が足を引っ張り、内容以上に印象が悪いのでした。本来の土俵で勝負すれば、ジャニーズ的にかなり頑張ったラストが蛇足っぽくならずに綺麗に着地できたと思うんですが。

HERO 特別限定版(3枚組)HERO 特別限定版(3枚組)
(2008/03/08)
木村拓哉松たか子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/239-11bd54aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。