「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングができるまで

 年齢的にきつくなってきたもののチャーミングなダメ男役をやらせたら当代随一のロマコメ俳優ヒュー・グラントと、三十路過ぎから俄然キュートになってラブコメ女優に邁進するドリュー・バリモアの有りそうで無かった共演作品。出会って魅かれて喧嘩して仲直りのオーソドックスな展開で、強力タッグは期待通りの相乗効果を発揮。作詞作曲と男女の関係を絡めた題材も上手く料理されコメディとしてもちゃんと笑えます。けど、肝心のラブ・ストーリーが弱く心にグッと来る要素に欠けており、結果的に平均点レベルの安直ロマコメに落ち着いてしまいました。
 ただし、80年代の洋楽ポップシーンの空気感を知るMTV漬け世代限定で面白さ倍増。最近のガールズ・ポップも押さえてると更に笑えるという、狭い層にアピール度の高い作品であります。時代に取り残された元アイドルの主人公が出演依頼されるTV企画のラインナップが、REOスピードワゴン、フロック・オブ・シーガルズ 、デビー・ギブソン、ティファニー、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(全て名が出るだけで出演は無いので注意)。この名前を見てニヤリとする人なら音楽ネタの大半はクリアできるでしょう。

 とにかくオープニングを飾る架空80'sバンド"PoP"のプロモーションビデオが強烈。デュラン・デュラン風のニューロマンティック路線で、シンセドラムな楽曲といい口パクっぽい歌い方といい仰々しいダンスといい再現は完璧。アホな小芝居までちゃんと挿入してて芸が細かいです。他には、かつて郷ひろみがカバーしたワム!の『ケアレス・ウィスパー』によく似た劇中曲も必聴です。そして、ブリトニー・スピアーズ以上の大スターとして登場する「ブッダのエロ姫」のいかにもな雰囲気も素晴らしいです。「シャキーラに負けちゃうの!」という台詞の意味がわかればモアベター。本題のラブソング『Way Back Into Love』もターゲット層には納得のクオリティ(が、今のティーンにウケるかは疑問)。

 設定的にどさまわりの元ポップ・スターっていう境遇が観ていて辛くなったり、それを現在でも応援してるオバハン達がラブリーだったりで、ストーリーそっちのけで劇中で特に言及されないリック・アストリー、カイリー・ミノーグ、カルチャー・クラブ、そしてワム!の片割れアンドリュー・リッジリーなんかに思いを馳せました。主人公がアンドリュー並にジリ貧まで追い込まれてればもっと話が盛り上がったと思うんですが、中途半端に人気があるのと作曲に苦労しているようには見えないのが難です。ヒロインの方もトラウマを乗り越えるようなエピソードが無いし。カリスマ歌姫と中盤の二人の恋愛劇との関わりが薄かったのも問題で、彼女はクライマックスで主人公とデュエットするという重要な位置にいるのにキャラ描写が不十分で、作詞家のヒロインの思いを巧く重ねるにはシンクロが足りませんでした。まあ、肩のこらないハッピーな映画なのは間違いないんでポジティブになりたい時にはよろしいんじゃないでしょうか。

ラブソングができるまで 特別版ラブソングができるまで 特別版
(2007/09/07)
ヒュー・グラント. ドリュー・バリモア. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/240-df46ede1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。