「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリデイ

 おや、ロマコメかと思ったらもうちょっとシリアス寄りのライトな恋愛モノなんですな。基本はお約束的展開に満ち溢れた崖っぷちOVER 30女の癒し系ラブストーリーですが、2週間の自宅交換生活を英米二つの舞台で同時進行させるプロットのおかげで飽きはきませんでした。主演の四人もキャメロン・ディアスとジャック・ブラックがアメリカ人でケイト・ウィンスレットとジュード・ロウがイギリス人と、ちゃんと分かれてキャスティング。『恋愛適齢期』のナンシー・メイヤーズが監督・脚本なのでたぶん今回も当て書きなんでしょうが、豪華キャストのイメージまんまのデフォルメがなされたキャラが生き生きと描写されてます。脚本的には出来が良いとは言い難いんですが、女性監督らしい演出のセンスの良さと小憎いオールドファン向け映画ネタで印象はかなり良好。痛恨は真夏に観賞しちゃったことですな。これ、クリスマス映画じゃん。

 二つのドラマが交互に進行するスタイルなわけですが、始めと終わり以外は殆んど交錯しない独立エピソードなのは捻りが足りません。しかもラブ・ロマンスの分量はキャメロン×ジュード(ロンドン・ペア)に片寄ってるのにストーリーとしてはケイト×ジャック(LA・ペア)のが出来が良いなどバランスの悪さが目立ちます。
 ロンドン・ペアは「ドアを開けたらイケメン→ベッド・イン」という大味ハリウッド展開から紆余曲折してハッピー・エンドと徹底的にオーソドックスで王道な流れな分だけ薄っぺらいのが難。「三銃士」とかのキーワードをもっと効果的に使って欲しかったところです。キャメロンはいつも通りに妄想癖で独り言が多く常にテンパってて強気な振りして臆病な典型的ラブコメ・ヒロインを好演しているのですが、変人ぶりが作品の世界観からは浮いてしまってます。コメディも得意なジャックがそれを封印して「いい人」を演じちゃってるだけに痛々しいのでした。あと、老け方が尋常じゃなくてアップの度にハラハラドキドキ。ソフトバンクのCMとかだとそんなに酷くないのに。
 一方、LA・ペアはじっくりと丁寧に出会いが恋に変わるまでをやってるのですが、その割には終盤が唐突で拙速で淡白な展開なのが問題。ケイトと老人の交流からの成長ドラマにウエイトが置かれるあまり、お相手のジャック抜きでも話の顛末に支障が無いという困った事態に。一本道のありきたり物語の中でこれは予想外ですが、こんな予想外は不要です。それと、コッチのサイドは登場人物が多いのに、感情説明を会話でやるシーンが多いのも感心しませんでした。

 だがしかし、編集が巧いためバラバラのエピソードが混ぜこぜになっていてもぶつ切り感はありません。可愛い田舎の家とかビバリーヒルズの豪邸とか強く優しくユーモアも携える男優陣とかのロマンチックな設定とは裏腹に、女性心理は一貫してリアルで微妙な距離感が見事。それに、賢者な老人、天使な子供、愛嬌ある犬に素敵な音楽といった好感度アップの豊富な飛び道具の配置が巧み。独特のハート・ウォーミングな雰囲気作りと俳優達のアンサンブル演技の力技でシナリオの穴をかなりカバーしております。
 そして、若者にはマニアック過ぎるとは思うものの古き良き映画をリスペクトする数々のサービスが楽しいです。予告編風の妄想や架空の予告編、何度もあるDVD選びのシーンのラインナップ、老脚本家の名画解説にジャック・ブラックの映画音楽ネタ。そしてもの凄く贅沢な使われ方のダスティン・ホフマンに感服。

ホリデイホリデイ
(2007/08/09)
キャメロン・ディアスナンシー・メイヤーズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/241-c94d338d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。