「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

 『釣りバカ』シリーズはスペシャル版2本を含めると今回で20作・20年目を迎えたそうです。当初は『男はつらいよ』のB面映画でしたが96年からは松竹のニュー・スタンダードの座を守ってきたのだからたいしたものです。尤も、ハマちゃんの妻・みち子さんをはじめ実は結構降板が多く、主役コンビ以外にレギュラーを守り通してるのは谷啓、笹野高史、中本賢といった面々ぐらいなんですが。後継シリーズの模索も始まりましたが、ハマちゃんは定年せずスーさんも隠居しない不自然な世界で延々と続けていって欲しいものです。まだ廻ってない県もかなりありますし。

 さて、三國連太郎さんを如何に動かさないで撮るかに腐心していた近作とは一線を画し、今回は釣りバカコンビ中心に原点回帰してて嬉しいです。朝原雄三監督の5作品では一番好きですね。遂にスーさんが鈴木建設社長を退任し会長に就任という導入部から岡山に失踪してマドンナと合流という流れまで、完全にスーさん中心に話が進みます。毎回『三國さんはあと何作出来るの?』という不安に苛まれて来たのが馬鹿らしくなる健在ぶり。考えてみれば森光子さんの三歳下で森繁久彌さんよりは十も若いんだから芸能界の85歳はまだまだ現役です。寄る年波に負けず頑張って欲しいものです。
 一方、今回は前半でスーさん夫人の密命を帯び、後半はスーさんの手足となって動く位置にいるハマちゃんは印象が薄め。その場その場のギャグは見事だしスーさんとの息のあった掛け合いもバッチリなのですが、ストーリーの中心に活躍の場が用意されてません。西田敏行さんがバイプレーヤーとしても優秀なのを証明した形ですが、「弥七」兼「八兵衛」役で主体性無く動かされるハマちゃんって何かが間違ってます。

 そしてゲストの印象も弱い。今回は釣りバカ・パートとマドンナ・パートがバラバラという事は無く、「リゾート開発と反対運動」として程好くブレンドされてるんですが、「お寺の後継者問題」に中途半端にちょっかいを出してバランスが悪くなった感じです。マドンナは山田洋次のお気に入りで宝塚出身の檀れい、その母親に東宝『若大将』シリーズの星由里子と、シニア層には堪らない新旧女優揃い踏み。これは何の問題も無いんですが、反対運動のリーダーという重要な位置にいる筈の高嶋政伸の掘り下げがあまりに不足。結果として酷かった前作の恋物語以上に底が浅いです。
 今回、痛感したのはパターン消化が多すぎて本筋に割ける時間が足りないって事ですね。ハマ・スー両家に営業三課にボンクラ取締役四人衆を絡め先述の皆勤レギュラートリオの出番も作らなきゃって事で尺はどんどん喰われます。釣りのシーンや地方スポット廻りにゲスト描写を織り交ぜてサイドストーリーを充実させろというのは無理な要求なのかも。どこかを思い切って切らないとね。
 ところで、今回は闘争という全共闘世代向けの題材を持って来たのがナイスなアイデアと思いました。入場料千円の低予算映画で採算ラインをキープするには従来のシルバー層に加え団塊世代を取り込めるかが重要ですからね。きっと「今どきの若いやつはピケの張り方もしらねぇのか。」とか盛り上がるでしょう。

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
(2008/02/08)
浅田美代子谷啓

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/242-5f9823b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。