「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾディアック

 全米を揺るがした実在の劇場型連続殺人犯を題材にしたノンフィクション小説を映画化した作品。このゾディアックと名乗る人物は『ダーティ・ハリー』の偏執狂的な犯人・スコルピオの元ネタでもあります。未解決事件なのでオチが弱くなる事も重々承知してましたが、監督が『セブン』のデヴィッド・フィンチャーとなれば否が応でも期待しようもの。ましてやサイコ・サスペンス系を思わせる妙に出来のいい予告編付きだったし。でも、「待て、あわてるな。これは孔明の罠だ。」ということで・・・。

 マピールさんが劇場で観たときは始終睡魔との闘いとなり、劇中の記者や刑事さんより早く「犯人の正体なんてどーでもいい」気分に。最後の30分は意外に盛り上がったもののそこに到るまでの展開が淡白で退屈なのでした。サスペンスでもミステリーでもないのは残念ですが、事件に魅入られた男たちを描くヒューマン・ドラマというのも一興なので否定しません。でも、あまりにも観客を引き付けるキャラクター性に乏しいのです。メインの漫画家・記者・刑事とも人生が滅茶苦茶になっていくわけですが、しっかりとした人物描写と見事な演技だからこそ、その遊びの無さに腹にもたれます。リアルすぎて群像劇としての面白味も感じません。しかも、登場人物自体は多くその整理が忙しいときます。事件の予備知識がないとかなり厳しいです。
 そして、犯人像に魅力が無い事も話を盛り下げます。出来事が羅列されるだけで知性や狂気を感じさせる演出は乏しく妄想は膨らみません。これは、犯人が望んでいた「事件の映画化」を実現させるに当たり美化を避けたせいなんだと思いますが、謎の事件としての興味を大きく削ぐ結果に。事実なのかもしれませんが、容疑者の首実験が終盤まで行われないなど腑に落ちない展開の数々も足を引っ張ります。なんだか完全犯罪には程遠い事件を無能な刑事と趣味の探偵が追った挙句の迷宮入りみたいなのです。

 そんな訳で、初見では何を見せたいのかわからないモヤモヤ感がつのるばかりだったんですが、DVDで再観賞するにあたり「なにゆえに未解決に終わったのか?」という視点で見たらそこそこしっくりきました。あと、キャラ的に最も目立っている遊軍記者(ロバート・ダウニー・Jr)を中心に観てしまいがちですがマーク・ラファロ扮する市警の刑事を追った方が理解はスムーズです。一応の主人公である漫画家(ジェイク・ギレンホール)は古典的探偵小説ばりに終盤をまとめるだけで殆んどは蚊帳の外ですし。
 頭の中を整理してから観賞するとかなり味わいが違うようで若干評価を改めました。独特の刺激的な映像センスで知られるフィンチャー監督らしからぬ演出や映像に頼らない地味な映画にがっかりだったのですが、その後『ダーティ・ハリー』を観なおした事で実は当時のアメリカ社会を細かいところまで作りこみ再現しているのがわかりました。漫画家私見とはいえ生半可に結論付けるなら動機にまで踏み込めと思っていた終盤も、この消化不良な感じがフィンチャーらしくていいと思えます。嗚呼、これでドラマ性がもっと高ければ。

ゾディアック 特別版ゾディアック 特別版
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/243-a438d9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。