「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンシャイン2057

 古典小説『冷たい方程式』的な極限状況解決型SFに見せ掛けた幽霊船モノのホラー映画。なんとも評価に困る・・・いや、違いますね。評価は失敗してるB級SFで鉄板です。ただ、製作陣の姿勢が読みきれません。どこまでが予定調和でどこからが暴走なのか謎。

 この映画、『2001年宇宙の旅』『エイリアン』『惑星ソラリス』『サイレント・ランニング』などの名作映画をそこかしこで彷彿させるのですが、プロットで一番影響を受けてるのはなんたって『クライシス2050』です。あちらは太陽の活発化による危機から人類を救うべく宇宙船ヘリオス号で太陽に爆弾を打ち込みにいく話なのですが、本作は太陽の衰退化による危機から人類を救うべく宇宙船イカロス2号で太陽に爆弾を打ち込みにいく話。日本人クルーが1人いるのも共通です。ご丁寧にイカロス1号の失敗ミッションが2050年に設定されてたりもします。タイトルも激似ですが、これは邦題のみ。
 問題は『クライシス2050』がハリウッド映画の皮を被った日本映画で、邦画最高額といわれる70億円の製作費で国内興行成績が14億円、米国でもひっそりと公開されたのみという曰く付きの失敗作だってことです。前述の名作群と並べるにはマニアックすぎる作品なのです。加えて『宇宙からのメッセージ』のおかげで全米に知られているデューク真田こと真田広之の起用(役名はカネダ!)。SF映画に超詳しい奴がスタッフにいるのは間違いありません。

 なのにSF設定が異様にゲロ甘。いくらなんでも進路変更とシールド制御が非連動のシステムとかありえませんし、非常時には融通利かない割にザル過ぎるセキュリティやら命令一発で全開になる危険な遮光制御など、コンピューターが不自然にポンコツです。その他、わざとやってるとしか思えない素人臭いツッコミどころが彼方此方に散見してます。物語的にもハードSFの香りを醸し出しつつ、やがて横道に逸れ、無駄に凝りまくりのSFギミックや妙な宗教概念や説明不足の人物描写でグダグダになり、何が起きてるのかわからないエフェクトに紛れて間違った着地点に捻りも無く到達。・・・このテイストは和製SF映画そのものです。これがマピールさんが冒頭で困ってる理由なのですよ。オマージュならば見事なダメダメ感の再現なんですが、果たしたその為にそんな極端なマニア向け作品をこしらえれるかというとこれまた疑問なのです。

 まあ、ゴチャゴチャ考えても詮無い事ですな。本当は何がしたかったのか解らん作品ですが、小ネタを拾ってニヤリとするマニアック魂充足映画としては上々なのでそういう覚悟での観賞をお薦め。心情描写や科学考証をいちいち説明しない作風なので一般には敷居が高く、気難しい本格SFファンが両手を挙げて喜ぶでもなく、デューク真田を目当てにすると出番は少なくアクションも無くと、なにかと微妙な作品ですが、ハードコアのわりに哲学的難解さとは無縁でパターン通りに進むのでストーリーを確実にトレース出来るのが長所。それなりに面白いです。トリップ・ムービーみたいな太陽の映像表現も見応えありで、これは劇場で観たかったと思う出来なのでした。

サンシャイン2057サンシャイン2057
(2007/09/07)
クリス・エヴァンス真田広之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/244-a3c6c993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。