「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー THE NEXT

 石ノ森章太郎の原作漫画をベースに大人向け恋愛アクションとして2005年に公開された『仮面ライダー THE FIRST』の続編。目玉はダブルライダーに立ちはだかる改造人間ホッパーVersion 3ことV3の登場です。前作は漫画版のエピソードをアレンジした部分も多々ありましたが、今回は世界観だけ受け継いでオリジナルの色彩濃いJホラー・バイオレンス映画となっており、ハナっから子供を相手にしないPG-12指定で首チョンパありオッパイもありで御座います。でも昨今流行りのアメコミ・ヒーローもののように大人の観賞に耐え得る作品かと言うとこれが結構幼稚だったり。
 観賞にあたり見逃していた前作もチェックしたのですが、続編である意味が見出せないほどに繋がりが無いので観てなくても全く問題なし。ライダー二人が痴話喧嘩を繰り広げ取り合ったヒロインの消息は一切触れられず、立花のおやっさんすら出てきません。知っておくべきなのは一文字隼人が死にかけてるのは改造の拒否反応って事ぐらい。まあ、本郷猛が石ノ森漫画の主人公らしいナイーブな性格だったり一文字がインチキホストみたいだったり、仮面は顔を隠すために着けてるだけとか、一文字は本郷を襲う刺客出身とかTVシリーズと違う設定は色々ありますがね。

 アクション・シーンは目茶目茶熱く、出渕裕のリファインデザインも超カッコよく、イケメン俳優たちのキャラ造りもイロモノで面白いのですが、脚本が驚くほどお粗末で中途半端。ライダー初期の怪奇アクション路線ともベクトルが違いがっかりです。ホラーの合間に挿入されるライダーアクションが完全に浮く有様でライダーと無関係な話に時間割き過ぎです。テンポもグシャグシャ。それに二つの話は仮面ライダーの一貫したテーマである「人で無くなってしまった者の悲哀」に収束すべきなのに、ショッカーに翻弄された兄と妹の悲劇も余命僅かの改造人間の生き様も描写が薄く話が盛り上がりません。
 メインとなるのは風見志郎の妹であるアイドルに絡んだ怪死事件なんですが、既に「改造人間で世界征服を狙う組織」という大嘘があるのに「包帯姿のエヴァ初号機女」やら「ショッカーと無関係のスーパードクター」やらフィクション要素が並びまくりで興醒め。そもそも怪奇の事件はシグマの仕業・・・じゃなくてショッカーの仕業という先入観がある中で呪いだとか超常現象だとかやられてもちっとも怖く無いわけで工夫が足りません。“貞子”まんまのホラー演出も古臭いですし。風見が登場した辺りから主役の本郷が本筋から外れていき、実質的にライダーが誰一人介入しないまま惨劇が進行し勝手に決着してしまうのも大胆すぎます。
 そして、何故かサブに追いやられてるショッカーとの死闘は、降りかかる火の粉を払ってるだけの本郷、ピンチに馳せ参じるだけの一文字と、基本的に自衛隊活動なのがボトルネックです。二人が命懸けでショッカー殲滅を目論む戦士として描かれ無いので、ショッカーに心酔していた風見の造反にまるで説得力がありません。なし崩し的に戦ってる奴ばっかり。基本的にキャラ燃え映画なんだから男の友情で暑苦しく突き抜けて欲しかったです。
 かくして関係ないにも程がある二つの物語は当然融合せず、監督が何をしたかったのかサッパリ理解出来ません。しかもエンド・ロール終了までおとなしく座ってた観客の心を踏みにじる最低なセンスのパチンコのCM付き。脱力感倍増です。

 しかし、どんなに話がつまらなくてもライダーと怪人のバトルは文句無しでして、東映特撮陣のノウハウとアクション監督の偉大さを思い知らされます。V3反転キックとか、一文字横っ飛びバイクアクションとか、本郷顔出しライダーキックとか見所だらけ。ハサミジャガーもノコギリトカゲの女もエキセントリックで痺れるキレの良さを発揮してます。唯一、残念なのは6人のショッカーライダーで、ドラマでは殆んど戦闘員扱いなのが哀れです。でも、サイクロン号は2台とも1000ccオーバーの大型ロードレーサーなので「殴る!蹴る!跳ねる!」のハードなアクションは軽量なXR系エンデューロレーサーを駆るショッカー勢(含、V3)の独壇場でありバイク・スタントでは見せ場が多いのでした。
 3人のライダーのキャラクターも魅惑的。高校教師に転職した本郷は生徒に童貞呼ばわりのダメっぷり優男で見事に学級崩壊。根拠も無くヒロインの女生徒をつけまわしたり従来のヒーロー像とはかけ離れてます。そして、美味しい役どころ担当の一文字はツンデレ化。率先して救出に駆けつけておきながら馴れ合いを嫌い、死にそうなのか不死身なのかよくわからないけど無闇に色気を振りまきます。あの派手なスーツと柄シャツが似合うってだけで得がたい人材です。ここに加わる風見がこれまた強烈で、若きIT企業の社長で自己中で自意識過剰でバトルよりワインの香りを開く事を優先する男。元秘書に必殺キックを見舞い女の顔にグーパンチを叩き込む容赦の無さも素敵です。それに比べるとヒロインの女の子達のインパクトは弱すぎましたね。キュートに撮る努力も感じられませんし。
 ショッカーの怪人も首領の命令は仮面を手に全裸で受けるとか意味不明で愉快でした。洗脳技術が低いくせに無差別改造を試みてまた裏切り者を増やすし、レストランのど真ん中に秘密基地の入口作って客の前で堂々と出入りとか、眼鏡したままマスク装着とか、味方の足にチェーンソー誤爆とか、やたらとお茶目な奴らです。ストーリーが破綻してても娯楽アクションとして楽しめるのは個性的なショッカーの皆さんのおかげなのでした。感謝、感謝。

 ちなみに前作も二つのストーリー・ラインが上手く絡まずにアクションだけが突出して出来が良い点は同じです。原作漫画に思い入れがあるかどうかで大きく評価が別れる点が違いますが。

仮面ライダー THE NEXT仮面ライダー THE NEXT
(2008/04/21)
高野八誠益子梨恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/249-9f6df8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。