「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シービスケット

 祝・ディープインパクト無敗で三冠!ってワケで競馬映画「シービスケット」のレビューです。

 世界恐慌を切欠にどん底に落ち込んだ1930年代アメリカに忽然と現れた庶民のスター・ホース“シービスケット”と、厳しい時代の中で挫折を味わった3人の男たちのサクセス・ストーリー。競馬にまったく興味がない人も共感できる癒し系人間ドラマに仕上がってます。
 西海岸の競馬は一段下に見られ東部との交流などない時代。3人の男たちと出会うことで負け続けのチビ馬は西の王者まで登り詰め、真に認められるために権威ある三冠馬との対決に挑む。このシービスケットの奇跡の活躍や登場人物に降りかかる数々の試練は、ドラマチック過ぎて信じ難いですがほぼ実話がベースであります。

 競馬ファンを唸らせるのはレースシーン。ゲーム「ギャロップ・レーサー」を思わせる騎手視点の映像など工夫されたカメラ・ワークで大迫力のレースを再現しています。それもその筈、レース・デザインはペイザバトラーでおなじみ名騎手クリス・マッキャロンが担当。更にゲイリー・スティーヴンス(ゴールデンフェザントで活躍)もライバル騎手役を好演。もっとも騎乗フォームが綺麗過ぎて主役が下手糞にしか見えなかったりするのですが。
 難点は3人の主役をクルクルと入れ替えながら過去を描く序盤。駆け足過ぎるし、なんとなく馬主と調教師と騎手の父がカブって混乱しました。まとまりが悪くかったるい45分です。ここを我慢してシービスケットが登場するまで待てば後は最後まで退屈しないんですが。

 さて、映画本編で触れられてないあたりをちょっとトリビア。
・馬名のSea Biscuit は「海軍用乾パン」の意で、父Hard Tack (乾パン)からきてる。
・本格化は4歳からで、2~3歳時は58戦14勝。初勝利は18戦目と廃用されて然るべき駄馬。
・7歳まで走り生涯成績は89戦33勝。種牡馬となるも産駒には恵まれず。
・実は日本にもシービスケットという馬がいたが、全く別の馬で血統も違う。
・映画では悪役のWar Admiral は生涯26戦21勝。3歳時にはアメリカ三冠を含む8戦無敗。
・マッチレースはSea Biscuit 5歳、War Admiral 4歳の11月に行われた。
War Admiral は1945年のリーディングサイアーで、種牡馬としても成功。
Sea Biscuit の父Hard TackWar Admiral も伝説的名馬Man o'War の産駒。
Man o'War 系はアメリカの至宝血統だが、絶滅の危機に瀕し続け現在は稀少。
Sea Biscuit は勿論、War Admiral の直系も既に絶滅している。

シービスケット シービスケット
トビー・マグワイア (2005/07/06)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/25-904fb283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。