「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストキング・オブ・スコットランド

 1970年代のアフリカ、ウガンダ共和国の大統領だったイディ・アミン・ダダを題材に、交流のあった数人の白人をモデルに作られたスコットランド人の青年医師の視点から独裁者であり虐殺者でもあるアミンの人物像を描いたフィクション。
 マピールさん的にはモンド映画『食人大統領アミン』をたぶん観てる筈だけど全く思い出せず、アントニオ猪木との異種格闘技戦をする予定だった人物として記憶に留めるのみであります。
 んで結論から言うと、ある程度の知識を仕入れてから観た方がいい映画でした。国民的人気の理由、彼の思想・信条の変化や政策・外交関係の推移、行ったとされる粛清・拷問の内容、といった興味を覚える事柄がかなりぼやけてるのでフラストレーションが溜まりまくりなのでした。率直な感想はフォレスト・ウィテカーの演技がいいだけの映画。

 脚本的には平板で虐殺などのショッキング映像や本気かジョークわからないアミンの過激な言動などが思ったより少ないせいもあるのですが、アミンより語り手の若造の軽はずみな行動を映すのに主眼を置かれているのが一番のイライラ原因です。只の人妻キラーでしかないモラトリアム小僧がここまで重用されるのは不可解きわまりなく、激情型の大統領と何年も上手くやれる程に世渡りが上手いとも思えない行動の数々はリアリティに欠け、偽善的白人を強調する狙いがあるとはいえ感情移入できない人物像では終盤のサスペンス展開も盛り上がりません。ジェームズ・マカヴォイが熱演すればするほどに、このボンクラしか友達がいないアミンが不憫に思えてしまうのでした。
 ただ、ウィテカーの迫力は最後まで飽きさせず、気さくで魅惑的なカリスマ大統領の脂ぎった笑顔に潜む狂気と疑心暗鬼を見事に表現しております。根拠の無い自信と思い込みの激しさで突っ走る極めてユニークでヴァイタリティに溢れる人物で、それだけに被害妄想から恐怖に怯えはじめると手の付けられない残忍さを発揮するというチャーミングなパラノイアなのです。

 実際に史実を調べてみると、アミンは農業改革や憲法改正を実施し学校や病院をたくさん建設するなど近代化に熱心で、理想に燃えた為政者だったのは間違いありません。植民地軍炊事係から二人しかいないアフリカ人士官まで登りつめ独立後は参謀総長までスピード出世してますから軍人としてはかなり優秀だった模様。またボクシングのヘビー級ウガンダ・チャンピオンの経歴があり人気も納得なのでした。人懐っこく頭も悪くは無いようです。ただ、尊敬する人がアドルフ・ヒトラーで、小心者ゆえに自分に取って代わり得る有能な人物は全て排除、癇癪を起こして浅慮な政策を頻発するなど政治家としてはろくでもなく、挙句に反対派30万人以上の虐殺なのでした。
 特筆に価するのが物凄い外交下手。71年のクーデター時のアミンの後ろ盾は反アラブ姿勢に好意的だったイスラエルとウガンダの左派政権を嫌った英国だったのですが、過大な援助要請を断られてイスラエルと断交、植民地だった関係で当地に留まり商工業の中心を為していた英国籍インド人を追い出し英国の援助も停止、ミュンヘン五輪のパレスチナ・ゲリラを讃えて西側諸国を全て敵にまわしリビアとサウジの支援を受けるようになるのが全部72年の出来事です。ウガンダ軍がイスラエル特殊部隊に屠られる事になる劇中のハイジャック事件が76年で、78年には隣国タンザニアへ侵攻するも逆に反撃され翌年サウジに亡命する破目になっています。03年80歳で没。
 表題になってる「スコットランドの最後の王だ!」という発言は実話で、縁も所縁も無いのに共感だけでスコットランド独立運動を支援してたようです。「人間の肉は何度か食った」と発言したとも伝えられるんですが、木村太郎のインタビューではこれを否定。まあ、北朝鮮やオウムの事例ではジャーナリストも騙されてたんで真相は藪の中なんですが。とにかく、映画で描かれなかった部分に面白いエピソードが多いわけでして・・・。

ラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランド
(2007/10/05)
フォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/252-7b857bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。