「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのレシピ

 主人公は腕は良いけど自分のルールを頑なに貫き妥協を許さない女シェフ。唐突に始まった心に傷持つ姪っ子との同居生活は様々な問題を抱え、職場では彼女の築いた秩序を乱す自由気ままな能天気男が副シェフに着任。公私にわたりかき乱される受難のヒロイン、反目しやがて惹かれ合い形成していく擬似家族。物語は実にテンポ良く誰もが予想する結末に向かいハートウォーミング・ラブストーリーの王道を手堅く突き進みます。
 そうして出来上がったのが、見た目は凄く美味そうなのに味は可も無く不可も無しって程度のお料理。プロットやキャストなど素材は決して悪くないですし、演出・音楽も的確に調理されてますが、決定的に個性が足りないのです。

 先ず、ロマコメというジャンルで括るのを躊躇するほど笑いの要素が弱いのが意外でした。だからといって、うっとりするほどロマンティックな恋が描かれるわけでもなければ、涙と感動の家族愛路線で攻めるでもなく、小さな曲折を経て低い障害を乗り越えなんだか淡々とゴールインという中途半端な盛り上がりに唖然。
 特に、姪っ子とのドラマが薄味なのは疑問。仕事しか興味のないヒロインが子供の行動から何かを学び打ち解けていく話にしてはイベントのクリア条件がわかりにくく、ヒロインの手料理を食べなかった理由もオペラ男にはいきなり懐いた理由も不明瞭なままです。あれだとヒロインが成長しなくても姪っ子お気に入りのラテン野郎さえキープしていればオールOKな気が・・・。
 階下の住人やシッターといったスパイスになりそうなキャラ達が中途半端な描写だけで結局何もなしな役割なのも勿体無いです。主人公の性格は不器用そのものなんだから男女関係でも親子関係でも彼らの手助けなり騒動の火種なりに話を膨らませるのは容易なのに。カウンセラーだってもっと洒落た助言や粋な計らいが欲しかったです。サブキャラが動きすぎて本筋から逸れすぎるのも問題ですが、ほぼ全く肉付け無しというのも味気ないものだと痛感しました。
 根本的な部分では設定が特に料理人である必要性がないというのもあります。グルメ漫画が発達した日本では料理に意味を持たせてドラマとリンクさせるのはごく普通の手法なんですが、そういった深みが殆んどなく設定を他の仕事に置き換えても遜色ないものになってます。それに目を瞑っても、主人公が独立せずにあの店に拘る意味も不明なため、終盤の展開にはちょっと説得力が・・・。

 しかし、器だけ盛り付けだけの不味い料理になってるわけではなくそこそこ美味しい映画なのも事実。キャストそれぞれの魅力が存分に引き出されており、欠点の殆んどを演出でカバーした印象であります。
 キャサリン・ゼタ=ジョーンズの厨房を仕切る様が凛々しくて、これが『王様のレストラン』で山口智子が要求されてたコンダクター能力なんだなぁと。生真面目な出来る女がエキセントリックにあたふたしてる様というのはド定番であろうともチャーミングであります。相手役にこのジャンルではあまり見かけない地味な俳優アーロン・エッカートを起用したのも当り。軽薄すぎずに嫌味のない色男ぶりが温かみのある作品カラーに相応しく、随所に配置された二人のキスシーンを印象深くしたのは主に彼の功績です。そして、『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリン嬢の可愛くも憎たらしい演技が素晴らしい。ストーリーに捻りがないのだって無理矢理な泣かせや不自然なご都合てんこ盛りのハッピー映画よりは数段マシですしね。

 ところで、映画の中で客のお気に召さない料理を作り直すシーンがありますが、これって日本でも高級店なら許される行為なんでしょうか?フォアグラが生っぽいってのはともかくレア・ステーキが好みより焼け過ぎでリテイクを要求するって強心臓だと思うのですが。マピールさん的には二度とその店に行かないだけなんですがねぇ。

幸せのレシピ 特別版 [DVD]幸せのレシピ 特別版 [DVD]
(2008/02/08)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズアビゲイル・ブレスリン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/258-3e07452f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。