「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAW ソウ

 語りたいことは多々ありますが、ネタバレすると価値が半減する種類の映画なのでここは我慢。

 目覚めたら老朽化したバスルーム。足首には鋼鉄の鎖。対角線上にもう一人の男。間には自殺死体……。このノコギリは何に使うのか?

 もう、このコピーでそそる人は四の五の言わずに観る事をお薦めします。奇抜なシチュエイションの冒頭から、回想を交えつつ徐々に明らかになる一人のシリアル・キラー、仕掛けられた残酷なサバイバル・ゲーム。とにかくジェットコースター的スピード感でラストまで一気に畳み込む演出がいいです。実に良質なサスペンス・スリラー。R-15なのでスプラッターだと思って敬遠してる人もいるかと思いますが、実はそんなに怖くないし、実はそんなにグロくもないです。こんなのR指定つけないでいいと思うんですけどね。こういうジャンルは子供を怖がらせてなんぼですよ。

 観客も登場人物同様に正気に戻ろうとすると新たなネタで狂気に引き戻され、一歩先は読めるけどなかなか最後までは詰まさないバランスとタイミングが実に旨いです。伏線のさじ加減も絶妙。そして、脚本がよく練りこまれていて考える余地が多いです。観終わったあと直ぐには穴だらけのオチのように思えたけど、やがて色々と疑問が生じます。矛盾やアラに見えるけど監督がそれに気付かないとは思えない。どんな意図があるのか深読みしたくなり、ジグソウパズルを組み立てるように仮設を重ねていく。全てが明らかにならないから楽しめる、そんな映画です。

 さあ、これでただいま公開中のSAW2を観る為の復習完了。ネタバレ情報を目にしないうちにさっさと観てこようっと。果たして1作目の疑問の答えはあるのか・・・。

SAW ソウ DTSエディション SAW ソウ DTSエディション
ケアリー・エルウェズ (2005/03/11)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/26-a233213c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。