「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インベージョン

 古典SF『盗まれた街』の映画化。と言うより『ボディ・スナッチャー』のリメイクと言った方がわかりやすいでしょうか。宇宙からの侵略者が地球人の肉体をジャックするSFサスペンスであります。元々は知らぬ間に家族・隣人が別人にすり替っている恐怖を描くスリラーなのですが、侵略方法が複製から知能を持つウィルスに変更され感染ゾンビ映画に生まれ変わりました。即ち原作が『盗まれた街』である必然性は宣伝効果以外にないというふざけた映画です。
 ここまでの説明で想像がつくとおり、設定・脚本・演出から特殊効果まで何所を取っても安手のB級ホラーなんですが、何を間違ったか出演は“オスカー女優”ニコール・キッドマン&“007”ダニエル・クレイグ。事実上、キッドマンの美貌ぐらいしか見所が無い映画なので彼女が出ずっぱりなのは救いです。逆にクレイグは完全な刺身のツマで肉体美もアクションも披露しません。

 とにかく何の工夫もない展開の連続に驚かされる作品です。つっこむ気にもならない程にご都合主義で、バカ映画ですらないのが虚しいです。冒頭から無駄に感染ルートを示すなどフェイク一つ無くあからさまに異変が進行するので、序盤のサスペンスに全く緊張感がありません。中盤のゾンビ映画では「感情を表に出してはならない」「眠ってはいけない」という設定が殆んど活かされず、逃走劇は盛り上がらず恐怖も絶望感も壊滅的に不足しています。そして、「平和主義者のウィルスによってもたらされる世界調和」という命題を提示しておきながら、おもむろにアクション映画に突入し強引に有耶無耶。これがまた、主人公の抗戦の成否が全く影響を与えない酷いオチなのでした。
 SFに見えて途中でゾンビ映画に変わると言えば記憶に新しいのが『アイ・アム・レジェンド』ですが、本作も中盤までの流れにそぐわないラストがついてるあたりアレと同じで監督の意図と違う結末になったっぽいです。それにしてもあまりに安直な最後で監督のやる気の無さが窺えます。

 ただ、前述したとおりニコール・キッドマンが全ての作品でして、高額ギャラは伊達じゃない活躍ぶりです。やたらとボディラインを強調した服ばかり着て、ノーブラTシャツ姿、Tバック下着姿、更には顔面ぶっかけ(?)まで熟女のサービス映像が満載。この映画は母子愛モノだというのに・・・。

インベージョン 特別版 [DVD]インベージョン 特別版 [DVD]
(2008/03/07)
ジャクソン・ボンド二コール・キッドマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/267-a0b18f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。