「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローレライ

 「第二次大戦末期、東京へ向けた3発目の原爆投下を阻止するため、秘密兵器を搭載した最新型潜水艦イ507は単艦で敵陣に突入する。」と書けば骨太の架空戦記モノみたいですが、実際にはSF要素が強く「海底軍艦」とかの東宝特撮の延長線上にある映画です。

 いやー、ひっどい脚本です。福井晴敏の原作「終戦のローレライ」は「太平洋戦争と潜水艦と女を出す」というオーダーで映画化を前提に執筆されたものですよ。だから映画向けに豊富なエピソードと事細かな設定をあらかじめ用意してあり、どこを切っても金太郎状態になってるんですがねぇ。・・・なんでわざわざ飴を砕いて使うのか。
 別に原作に忠実にやる必要はないですけど纏めるのが下手すぎ。人物描写は薄いし、話の焦点があっちこっちに飛び回るし、原作読んでないと理解できない部分も多すぎです。弄った事で生じた不具合を調整してないから北朝鮮の調査報告並に杜撰な出来になってます。
 思うに福井氏の提示したプロットと監督の思惑に最初から大きなずれがあったのでは。原作の見せ場の大半は敵味方の大量死に彩られてるのに、この映画では「生き残るのは諦めなかった者」とか言って凄惨な場面は極力排除してるんですから。なのに馬鹿丸出しの水兵をあっさり諦めて殉死させるエピソードをわざわざ追加するってどーよ。

 文句ばかりではアレなんで誉める所。ゲームっぽいCGに目を瞑りさえすれば格好いいアングルの戦闘シーンと、役所広司ら実力派俳優の演技力に支えられてそこそこ面白い娯楽作品にはなっています。アイデアは興味深いしテンポも悪くないから退屈はしませんね。ゴジラやガメラと同列のジュニア向きと割り切れば高水準です。どーせならギミックたっぷりの潜水艦発進シーンが欲しかったけど。

ローレライ スタンダード・エディション ローレライ スタンダード・エディション
役所広司 (2005/08/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/28-fc9ce3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。