「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 19世紀のロンドンに実在したと信じられ人肉パイを用いた証拠隠滅で知られる都市伝説のシリアル・キラーを題材に小説・戯曲・ミュージカルそしてドラマ版の映画までも作られてきた古典。情け容赦なく血まみれでグロく陰惨な物語でして、並みの心臓の人なら問題ないとは思いますが想像力逞しい人は食前食後を避けミートパイとか肉マンの類は暫く食せなくなる覚悟で。

 評価が難しい作品なんですよね、これ。相性抜群の映像センスを持つティム・バートン監督が完璧なタクトを揮い、盟友ジョニー・デップ×ヘレナ・ボナム=カーターの惚れ惚れとするクセのある演技が炸裂。ミュージカルとはいえ基本的によく知られた物語というハンデをものともせず、とても完成度の高いゾクゾクの映画となってるのは間違いありません。ただ絶賛するには引っ掛かるものがあるのも事実なのです。
 恐らくボトルネックはブロードウェイ・ミュージカルが下敷きと言う部分。歌唱力の面で心配された主演二人は意外にスキルの高さを見せており、音程もリズムもハーモニーもかなり複雑な展開が入ってるわりにはソツなくこなしております。けれども所詮はアリモノの楽曲、二人の本来の魅力を表現するには到らず芝居でみせるような独特の禍々しさが減衰著しいのです。なにより、いつものダニー・エルフマンの音楽じゃ無い事が“バートンの世界”を大きく損なう結果になっております。

 しかし、一般的ミュージカルのソレを期待した人はともかく、ティム・バートンの映画が好きな人は存分に楽しめる内容で、彩度を落としたモノトーン調に毒々しく赤い血が映えます。ここまで喉裂きをダイレクトに描写した映画は無いですね。特にラストシーンは美しすぎます。でも散髪に行く度に緊張がはしる身体にされてしまったのには閉口ですが。
 また、長らく悲劇として料理されてきたものを奇譚に戻す底意地の悪さが素晴らしい。歌詞とトッドの表情とのコントラスト重視のドライでシニカルな笑いの為には、共感とは程遠い非道な行為もさせるし若いカップルの話も投げっ放しにする徹底振りです。
 残念なのは、英語力不足の身にはデュエット構成の妙が伝わりにくい事と、知識として19世紀のロンドンという時代感覚を持ち合わせていないため風刺がピンと来ない事ですな。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
(2008/06/11)
ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/280-cb32d231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。