「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミナル

 政変でパスポートが失効しJFK国際空港のターミナルで何ヶ月も過ごす羽目になる男の物語。どうも評判がイマイチで敬遠してたんですが、蓋を開けてみたらかなり良かったです。物語のテーマは「待つ」ことで、登場人物たちはそれぞれ何かを待ち続け何かを得る。そんなシンプルなエピソードを細かく積み重ねており派手なアクションやCGは無縁な映画でした。感動のラブ・ストーリーのような宣伝をされてましたが、中身はハートフル・コメディ(・・・また日本独自の宣伝か!)。なるほど、それじゃスピルバーグと言う名前に脊髄反射の特撮フリークも泣きに行った客も肩透かしですな。でも面白かったですよ。最初は「人の不幸を笑っちゃっていいのかな?」と躊躇してたけど、コメディだと理解してからはリラックスして2時間夢中で観れました。

 殆んど言葉が通じず、両替できないから無一文という状況でサバイバルが始まるつかみから、やがて空港で働く人たちとの友情が生まれ恋が芽生える中盤までのエピソードはほぼ完璧。全てセットで再現された空港、スピルバーグらしいカメラワーク、トム・ハンクスのユーモラスなキャラ造り、ほのぼのとしたストーリー、どれを採っても見事で感心します。監督はテロと戦争を意識してファンタジーとして撮ってるわけで、あんな空港が実際に存在する筈ないんだけど、それでもあの国のいい加減さのおかげでそこそこリアルな物語に感じてしまうのがいいです。
 だからこそ終盤の詰めが勿体無い。唐突に訪れる恋の結末は中途半端で、敢えてああいった演出にした意図がちょっとわからない。友人達を守ろうとした筈の主人公が最後に下した決断も腑に落ちないです。あれでは友人達はクビになるかもしれないし、主人公が空港に居続けた理由も見当たらなくなります。特に不満なのがラストで主人公が念願の約束を果たすシーン。呆気なさ過ぎ。あれなら友達に頼んで替りに行って貰っても差し障りがないです。あそこのシーンはもっと重厚に描き、そしてジャズ演奏はフルコーラス、友人達の回想フラッシュ・バックに感涙の主人公。ベタでもそれぐらいはやって欲しかったです。本当に惜しい。もっと良くなった感が強いです。

 複数の国の言葉が飛び交う映画なので、吹き替えよりフライト・アテンダントをスッチーと訳す戸田女史の字幕がお薦め。
 あと劇中には60'sアメリカのSFテレビネタとかがちょこちょこ出てくるんでちと薀蓄。

・トワイライトゾーン(1959~65)
 邦題は「ミステリーゾーン」。一話完結で日常と異常の狭間を描くSFドラマ。劇中に出てくる「殺してごめんなさい」、「2万フィートの戦慄」は第5シーズンの傑作。後者はスピルバーグ総指揮の劇場版「トワイライトゾーン」にも登場する。

・アウターリミッツ(1963~65)
 邦題は「ウルトラゾーン」。トワイライトゾーンと同ジャンルのSFドラマだけど宇宙人や怪生物が頻繁に現れるのが特徴。放送時期がかぶるため両者が混同されるってシーンは劇場版「トワイライトゾーン」にもあった。日本の「ウルトラQ」の元ネタでもある。「蟻人の恐怖」は第1シーズンの代表作でザンティ星人が人気。

・スタートレック(1966~69)
 邦題は「宇宙大作戦」。映画化を経て新シリーズが次々と作られている宇宙パトロールものの超メジャー作品。古くからトレッキーと呼ばれる熱狂的ファンを持ち、今ではアメリカの何処かで週に一度は大会が開かれオタク達が集うらしい。
 ジェニーってのはカーク艦長の秘書ジャニス・ランドのこと。第1シーズンのみ出演の端役のくせに人気が高い。「宇宙の巨大怪獣」には出て来ない。

・シェール
 60年代にU2のソニー・ボノと「ソニー&シェール」として活躍した女性ポップ・シンガー。ソニーと離婚した後はソロ活動の傍ら女優として「マスク」「イーストウィックの魔女たち 」等に出演、「月の輝く夜に」でアカデミー主演女優賞に輝く。歌手としても98年に「ビリーヴ」がヒット、近年は奇抜なファッションとエクササイズ・ビデオ事業で有名らしい。

ターミナル DTSスペシャル・エディション ターミナル DTSスペシャル・エディション
トム・ハンクス (2005/04/28)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/29-527fbc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。