「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 近代映画社SCREEN誌 ベストテン

註)これは2009年02月17日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・SCREEN 2009年3月号

 集英社ROADSHOW誌亡き後も気を吐き続ける老舗洋画雑誌「SCREEN」の映画評論家選出ベストテン。ここまで色々なベストを纏めてきましたが、ここで初顔『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』が登場。ミュージカル『コーラスライン』再演オーディションのドキュメンタリーのようですがこの映画の存在自体知りませんでした。
 しかし、毎年思うことなんですが、ハリウッド人気スターのファッションやホットニュース中心の誌面で毛色の違いすぎるベストテンを発表する意味はあるんでしょうか?

【ベスト・テン】
  1位 『ノーカントリー』
  2位 『ダークナイト』
  3位 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
  4位 『JUNO/ジュノ』
  5位 『潜水服は蝶の夢を見る』
  6位 『ラスト、コーション』
  7位 『つぐない』
  8位 『イースタン・プロミス』
  9位 『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』
 10位 『イントゥ・ザ・ワイルド』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/290-2706bd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。