「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光

 原作はベストセラー小説なのでちょっと迷ったものの結局は未読のまま観賞に及びました。心臓病の難手術で成功率100%を誇っていた「チーム・バチスタ」が3連続で失敗し、医療ミスの可能性を調査する女医と殺人説を唱え介入した厚生労働省の高級官僚を主人公に、病院の人間関係を浮き彫りにし謎を解く物語です。たぶん原作は面白いんだと思いますよ、原作は・・・。

 社会派のシリアス医療ミステリを想像してたんですが、元々なのか映画サイドのアレンジなのかは知りませんがこれがかなりコミカル・テイスト。前半は滑りまくりとはいえほんわかレベルで留まっているのですが、後半に阿部寛が登場すると共にユーモア成分が倍増し、肝心の医療ドラマがグダグダなこともあってなんとも締りが無い事に。

 とにかく脚本の出来が悪いです。主人公の心療内科医・竹内結子がいなくても事の顛末になんら影響が無いどころか狂言回しの役割すら担ってません。バディ・ムービーにしては探偵役の厚労省役人・阿部寛との信頼関係構築が全く描かれず、調査は第一印象を動物に例える以外に何もしないのでワトソン役にもならず、他人事として捉えていた「命を預かる重み」を知って成長するとかでも無い中途半端なポジションに鎮座。「チーム・バチスタ」の面々にしてもキャラ付けが下手糞で薄っぺらです。キャスティングは悪くないし各々の初期設定も面白そうなんですが、おそらく原作に在った其々の見せ場をバッサリいったんでしょう。まるで魅力がありません。阿部寛は十八番の饒舌コミカル・キャラで奮闘し面白いんですが出番は意外と少なく。それに破天荒ぶりが強調されるあまり、綿密な分析とロジックな思考で真相解明となるべき部分が大雑把に。

 人物描写そっちのけで注力した小ネタ系の笑いがいちいちくどいのもイラつきます。患者の愚痴聞きのシーンは半分に減らせるし、変化を付けたい意図はわかるけどソフトボールとロックのシーンは無駄に長い上にあまりにも無意味。オーバーなコメディ演出はリアルっぽい心臓手術の様子を台無しにする効果しかもたらしません。阿部寛のキャラが特異なんだから他の部分はシリアスでいいのに。
 あと、ミステリとして問題なのはチームの7人から容疑者を絞り込むのが容易過ぎる事です。ご丁寧にもオセロのシーンで共犯を暗に否定したため、動機や方法はわからなくても実行可能な人物は消去法で解けます。それに真相がつまらない。人物の悲哀もなければ日本の医療現場の問題に一石を投じるでもない底の浅いオチに唖然。こんな危険球を投げて医療界出身の作者は大丈夫なのか心配になりました。

 正直、竹内結子のソフトボールの短パン姿ぐらいしか目を惹くものがなく、阿部寛の怪演だけでもってるような映画です。けど、信じられん事に同じ監督・脚本・キャストで続編撮ってるんですよね、コレ・・・。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子阿部寛

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/292-7c5fbbd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。