「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

 ベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』にインスパイアされ歴史の浅い米国を舞台に無理矢理贈る歴史アドベンチャーの第2弾。行き当たりばったりでさくさく謎が解けていく前作の流れをそのままに、あれよあれよとロンドン・パリからホワイトハウスに『ディープ・パープル・イン・ロック』『北北西に進路を取れ』でお馴染みラシュモア山まで、主としてアメリカの観光地を駆け巡る現代のトレジャー・ハンターの大活劇であります。
 薄っぺらな人間関係は即座に理解でき単独鑑賞に支障ないこと請け合い。続編ものRPGのレベルダウン理由みたいに、前回得た女も富も名声も全部取り上げてのリスタートとなってるのが微笑ましいです。ただし今回も謎解きやトリックを期待してはいけません。

 主人公の瞬速謎解きと即断即決の行動力を個性と割り切りヒロインとの破局原因にまでしてしまったのは笑えますが、それじゃ前作の最大の問題点である観客置いてけぼりが全く解消されないのも当然のこと。しかも、今回は“謎だった事がむしろ謎”レベルの暗号のため全然『ダ・ヴィンチ・コード』に似ておらず単なる劣化『インディ・ジョーンズ』に成り果てる本末転倒ぶりです。
 こうなると基本的に頭脳労働者で戦闘力や人間的魅力に欠ける主人公ではいかにも厳しいです。冒険の目的が「祖先の名誉回復」というのもロマンがないし、そもそも伝説の「シボラの黄金都市」の発見で本当に暗殺首謀者の汚名を注げるのかも疑問ですし。こんな設定でエド・ハリス、ジョン・ボイト、ヘレン・ミレンと並ぶ無駄に豪華すぎるベテラン達に対抗させられるニコラス・ケイジは災難ですな。
 それに前回は足手まとい役だった相棒がスーパーハッカーとして無難に活躍するため、どこでも潜入・脱出が自由自在となり冒険映画なのに全く冒険になりません。悪党側も端から主人公に便乗作戦というスキルの低さを見せ、だけど妨害工作はしっかり行うという支離滅裂な展開。この何も考えてない悪役像が最後まで足を引っ張り続ける事になります。

 でも、勢いだけで突き進むスタイルはアトラクション・ムービーとしてはそれなり良くできており、ハラハラはしないけどツッコミ入れながら退屈せずに鑑賞できます。コメディもベタで楽しいです。歴史の小ネタが散らされてる辺りもグッドで、あんまり物語には絡んでこなかった「リンカーン暗殺者の日記」が一部破かれていたのも事実のようです。アメリカン・キッズ向けB級宝探し映画としては実に正しい造りの作品だと言えましょう。「47ページ」を強調しまくって何も無しなのと、悪意にすら思える英国王室の描写を除けば及第点。主人公の秒速解読術が母親譲りというどうでもいい事実も明らかになり満足です。

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/04)
ニコラス・ケイジヘレン・ミレン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/301-db3f0ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。