「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28週後...

 いまやオスカー監督になってしまったダニー・ボイルが超低予算で撮った感染パニック映画『28日後...』の続編。共通する登場人物も無いため前作未見でも問題なく楽しめる・・・というか、細かい整合性やらテイストの違いを考えるとむしろ観てない方がいいかも。ゾンビ&戦争映画の色合いが増大しており、前作のいかにもイギリスっぽい毒気だらけの人間ドラマを期待すると辛いです。

 前回は英国民の大半が死滅し事態が終息に向かう時期の、荒廃した空っぽの街に遺された生存者の物語だったわけですが、今回は大幅予算アップとなり物量にものを言わせたヴィジュアルを実現できるという事で、台詞で済ませていた大量感染の地獄絵図を映像化。その為、復興後の再感染という路線と相成っております。ダニー・ボイルが製作総指揮に回り監督が交替した影響か、ドラマそっちのけで「走るゾンビ」の恐怖感たっぷりの逃走劇と死体のオンパレードとなる殲滅戦を中心に描写。閉鎖空間での感染発症パニックに、無差別発砲からナパーム&ガス攻撃の掃討シークエンス、ヘリコプターのローターを使った大量虐殺などド派手な狂気をぶつけてきます。ドキュメンタリー風の映像も効果的。特に冒頭で“別の28日後”を見せて前作のおさらいと「ヒューマニズムと緊急避難」という今回のテーマを集約したのは見事でした。ラストも巧い。
 ただ、臨場感を生む筈の手持ちカメラが寄りまくりブレまくり、スピード感重視とはいえカット割りすぎ、クライマックスで真っ黒画面乱舞など何が起こってるのか全然わからない場面が多いのが難点ですが。

 シチュエーションや映像は面白いんですが考証がかなり陳腐で苦笑。三宅島の全島避難やSARS騒動などの実例と比較しても復興は拙速だし都市封鎖は緩すぎます。媒介が死に絶えたから拡散が止まってるだけでウィルスが根絶したわけでは無いのに。感染源の進入経過とその後の対処もいちいちリアリティに乏しいです。これ程に素人でも容易に想像がつくレベルのミスを重ねてはあまりに危機感が無いというもの。マヌケな経緯でBSE発生となった日本でもここまで平和ボケした対応はしないでしょう。
 ストーリーも拙いです。罪を背負った父・地獄に残された母・無知と特異体質で悲劇を誘発する子供達を揃え期待感を高めながら、感染パニックに傾れ込んだら家族の感情なんか殆どどーでもいい扱いで進行。多数の利益の為に少数を犠牲にする人間の業を強調するにはNATO軍はお遊び感覚で信念がなさすぎ。登場人物が情に流される度に裏目に出る皮肉な展開が絶望感を誘う筈なのに、家族も軍も中途半端に描いただけでそこにドラマが無いのが残念でした。

28週後... (特別編) [DVD]28週後... (特別編) [DVD]
(2008/06/06)
ロバート・カーライルローズ・バーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/307-4bc72332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。