「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル鬼ごっこ

 「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」「ランニング状態で足を止めた」など英文を翻訳ソフトに叩き込んだかのような日本語の怪しさが話題の原作ですが、それが何故かミリオンセラーとなり山田悠介が若者の圧倒的な支持を得る作家として地位を築いているのは厳然たる事実。あまり本を読まない層にブレイクするのは「本を読まない人間の書く小説」という発見は『Deep Love』『恋空』などケータイ小説の発展にも寄与しております。まあ、良識ある読者を震撼させた驚異の文章力は自費出版の為せる業であり、編集者の重要性を世に知らしめたともいえましょう。
 無茶苦茶な文章以外にも設定が稚拙とか展開が一本道とか10頁でオチまで読めるとか色々批判はあるものの、その着眼点と発想力は見事で次々と映像化作品を送り出すだけのことはあります。本作の「全国の佐藤さん狩り」の着想も素晴らしいです。だから、今回のネタだけいただいて大改変という試みは上手く再構成すれば結構面白くなるんじゃないかと期待したのですが・・・。

 ヘンテコな未来王国をパラレルワールドに変更し「一方の世界で人が死ぬと並行世界の同一人物も死ぬ」と設定したのは悪くなかったです。古臭いジュニア向けSFみたいになっちゃって原作ファンは憤慨ものでしょうが、『NHK少年ドラマ』世代としてはこれも一興。実際、殺人オニごっこのゲーム性やスラッシャー表現や主人公の謎などで引っ張る中盤までは、「もっと予算があれば」と思うぐらいには頑張っていました。しかし、鬼ごっこパートが終わり完全オリジナル展開になると、知りすぎてる妹やら不自然過ぎる危機一髪描写やらが並び、その雑な処理にいちいち興醒め。それにSFやるならパラレルの整合性にはもっと気を遣うべき。鬼ごっこに意味付けしたのは良かったですが、その作戦じゃ王様は目的を果たせない確率の方が高い事に気づくべきです。主人公の決意が台無しのラストも脱力もので、終わってみれば「前言撤回、やっぱ無駄金」なのでした。

 キャストは全体に脇役テイストで地味。主人公・石田卓也や妹役・谷村美月は数本の主演映画歴があり揃ってアニメ版『時かけ』の声優に起用されたりもしてる若手俳優ですが、その割りに演技が冴えないのは演出の問題でしょうか。登場する佐藤の皆さんに緊迫感・悲壮感ってものが著しく欠けてて困ります。
 オニのデザインは雑魚戦闘員っぽくってなかなかですが、アクションがいまいちで全然怖くないしスリリングな逃亡劇を楽しませるほどのアイデアも無いのが残念。王宮のセットがチープこの上ないせいで王様の狂気が伝わらないのも問題です。東映特撮ヒーローのスタッフなら少ない予算でももっとクオリティの高い仕事をすると思うんですけどね。

リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション [DVD]リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション [DVD]
(2008/08/22)
石田卓也谷村美月

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/312-22eedd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。