「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタースクール

 「甘くみてるとダマされちゃいますよ」なる煽り文句の公然どんでん返し映画。数多の作品が自らハードルを上げて敢え無く転倒する中で、本作はかなりの確率で引っかける見事な出来栄え。非常に緻密な構成でトリックを見抜こうと身構える程に作り手の思う壺な仕掛けが盛り沢山。種明かしに大きな驚きはないですが、伏線の張り方が上手くミスリードを誘う巧みな演出もあり、メッセージも痛快ならオチも好印象。終盤の展開には山ほど讃辞があるのですが、ネタバレになるので何も書けないのが難です。

 とりあえず内田けんじ監督を誉めましょう。TVドラマ的演出ではない貴重な正統派商業映画でして、しかもオリジナル脚本というのが素晴らしいです。リアリティを大きくは損なわず、コミカルな演出も大きくは外さない匙加減。いかにも人の良さそうな大泉洋、胡散臭く捻くれた佐々木蔵之介、捉え所のない笑顔の堺雅人と、ムード通りに個性派俳優たちを配置し絶妙のテンポと間合いで楽しませてくれました。実は堺と佐々木の共演シーンが存在しないってのも凄いです。ただ、傑作として絶賛できるかというと否でして大きな弱点も抱えております。

 それは「種明かしされるまでは面白くない」ということ。とても良く出来た騙しのアイデアですが作劇に最大限に活かされてるとは言えないのですよ。だって「堺雅人の失踪」自体には興味を惹く要素が薄く、彼に感情移入する材料も殆ど無いから“追われる男”のサスペンスが成り立たないもの。逆に“追跡者”佐々木蔵之介の情報提示は早過ぎます。少し謎を引っ張るなり先バレを笑いに活用するなりあればいいのですが、特に何もなく中だるみの要因にしかなってません。結果、“巻き込まれた男”大泉洋のキャラクターだけで保たす形となり、追跡で明らかになる事実に新鮮味がない点も辛いです。ドラマに目を離せない求心力がない為、折角の伏線も見落とされるという悲劇。まあ、終盤まで我慢してついてくれば、トリック判明後の再観賞は楽しいんですがね。観客を騙すことだけを目的にした必然性のない行動が時折見られる点はマイナスだけど。

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋佐々木蔵之介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/316-dd22de89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。