「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト・メタル・シティ

 過激でお下品な笑いは嫌いではないですが、ナツメロと言われながらもハードロックを好んで聴き続けるおっさんの立場からは否定的見解も多々ありで、原作は雑誌で断片的に読んだ程度。ギャグマンガの映画化なんてのは大抵が討ち死にだし、音楽映画は曲のイメージ造りが難しいし、クラウザーさんの悪行や言動をマイルドにしないと不味い事情もあるので殆ど期待してなかったのですが、これが意外にいけました。もっと笑わせられそうなギャグはあれど大外しが無く平均はやや高めという感じ。松山ケンイチの両極端な役作りの賜物であります。ただ、これは『デトロイト・メタル・シティ』の笑いとは違うので原作に思い入れがある人ほど低評価になる気がします。

 序盤の着替えて行ったり来たりのコントがかなりテンポ悪く、その後もぶつ切りエピソード連発でグダグダなんですが、松山ケンイチの成りきりが凄いのでキャラの力だけで笑いを誘発します。根岸君がネガティヴな感情からクラウザーさんとなって暴走するパターンは少なく、理性が働いてる時の善良クラウザーとクネクネお洒落ポップの根岸君でコントラストを生みだした辺りが映画の肝。デスメタル的な話からは遠ざかってしまってるけど、クラウザーさんは街にいるだけで妙に可笑しいので一般向けにはこれで正解と思います。
 あと、社長役・松雪泰子の暴れっぷりもバカに徹していて立派。DMC信者の人達もかなり良かったです。で、デスメタル界の帝王にKISSのジーン・シモンズ、日本在住マーティ・フリードマンもギターで参加という狂ったキャスティングに拍手喝采。歌った曲はデスメタルっぽくなかったですけど。ちゅか、全体にメタルの曲はイマイチで渋谷系の曲の方が出来が良い感じ。

 問題はやはり毒気が薄まり過ぎたことでしょうね。信者達が語る伝説を裏付けるような悪行が誤解含め全然無いのは説得力に欠けます。それに悩める悪役レスラー的に捉えた物語も消化不良気味で、あそこまで青春映画風にしながらメタル愛に目覚めないで終わる意味がわかりません。折角、プロレスノリのライヴ対決をあそこまで盛り上げておいてベタなギャグを挟むセンスに失望ですよ。不必要な正体バレにも興醒め。

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/02/13)
松山ケンイチ加藤ローサ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/325-68f04631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。