「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランボー 最後の戦場

 ベトナム戦争から帰還したら謂われの無い苛めを受け、請われて捕虜救出に行けば敵陣に置き去りにされ、いつも独りで戦争する羽目になる最強ゲリラ戦士映画『ランボー』の4作目。今回は虐殺続くミャンマーを舞台に老いて益々無謀で暴力的なマッチョ・ヒーロー「ランボー」の活躍が描かれるのですが、当初の社会派路線はもとよりゲリラのサバイバル・アクションを期待しても大火傷は必至。現在のミャンマーの情勢とか政治的な問題意識は微塵もなく、異様にシンプルな救出と脱出の物語に最初から最後まで殊更に繰り返されるのは、腕がもげ足が飛ぶ過激な残酷人体破壊ショー。スプラッターなバイオレンス映画ですよ、これは。

 当時の仮想敵・ソ連軍を完膚無きまで駆逐しアメリカの英雄としてシリーズを終えた筈の人間兵器ランボーですが、空白の20年の間に共に闘ったアフガン戦士たちが米国にテロを仕掛ける憂き目に合い一段とやさぐれてしまったとしか思えません。昔と違ってリミッターが外れており正義の鉄槌じゃ済まされない殺戮レベルです。前半の極悪非道妄想ミャンマー軍の理不尽アタックのインパクトも薄れるほどの狂乱血まみれ地獄絵図を描きながら独りで一個中隊を壊滅。「人道支援の人達もご立派だけど、その為に汚れ仕事を請け負う方にも少しは敬意を払え!」と言わんばかりに大暴れ。かつての「アメリカンドリーム」や「強いアメリカ」と同じように今回は「感謝されない世界の番犬」を体現します。これだからシルヴェスター・スタローンは油断出来ません。

 しかし、この映画は本当にあっという間。実質80分だけど体感時間はずっと短くスラッシャー描写だけで突っ走ります。しかも、大半が被弾や爆破によるスピーディーな殺傷で肉弾戦は殆どありません。クライマックスなんて重機関銃を奪って圧倒的優位に立ったランボーが兵士からトラックから武装ボートまで構わず乱射してるだけです。仲間の傭兵さん達も生死不明なまま倒れる奴が続出。とにかくそこにドラマはないです。よく考えるとヒロインも何もしてませんし。それでエンドロールがたっぷり10分。凄いバランスです。
 あと、副題は日本で勝手につけたモノで、最初から次回作を撮る気満々だったスタローンに応え速攻で制作が決定。ランボーの行くところ戦場となる運命であり、「最後の戦場」はありえないと思われます。配給会社がどうフォローするのか楽しみ。

ランボー 最後の戦場 コレクターズ・エディション [DVD]ランボー 最後の戦場 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/02/04)
シルベスター・スタローンジュリー・ベンツ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/330-11376db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドファクション:ゲリラ

レッドファクション:ゲリラの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「レッドファクション:ゲリラ」へ!

  • 2009/09/28(月) 03:54:02 |
  • レッドファクション:ゲリラ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。