「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

 ハマちゃん60代スーさんが80代とサラリーマンものとしては明らかに無理が生じている国民的映画シリーズ。本作を観れば次回でファイナルが決まったのも納得であります。なんせ「釣りバカの2人の騒動」はもとより「ゲストキャストのエピソードに2人が絡んでいく」構成すら成り立たなくなり、西田敏行のその場その場のギャグの脇にゲストや釣りバカ側レギュラー陣が映ってるだけですから。いくら老齢でも掛け合いぐらい出来るだろうに三國連太郎は完全に戦力外扱いで、長年のレギュラーからは谷啓と加藤武が欠席。芸達者な面々が抜けた穴はゲスト・カップルの常盤貴子&山本太郎では到底埋まらずなのですが、そこは信頼と安心の老舗ブランドの底力で求められてる笑いはキープしてます。お約束もばっちり満載。

 ここ何作かの傾向に拍車がかかり、釣りバカ側・ゲスト側それぞれのストーリーは噛み合わず喰い足りずでキャラクター設定にも無理が生じてます。今回は「格差社会」と「コミュニケート不足」がテーマなんですが、前者は一流企業のグータラ社員という勝ち組側にハマちゃんが居る為に据わりが悪く、後者はハマちゃんにも営業三課にも無縁の事象。話のメインが胃カメラと社員旅行じゃ過剰なセキュリティの問題や電子メールの弊害は単発ネタにしかなりません。
 脚本のいい加減さはドラマ造りにもおよび、恒例の恋愛劇は派遣社員や御曹司の設定も無意味で然したる障害も山場もないまま済し崩しにゴールインの体たらく。ヒロインの兄・竹内力のエピソードが手抜き過ぎて人情ドラマにもなってません。そもそも派遣社員が社員旅行の幹事をやってるってどーなのか。まあ、万年ヒラ社員が定年も迎えず未だ「合体」やってる時点でナンセンスと言われればそれまでですが。
 結婚式のサプライズ・ゲストには一本獲られましたが、ネタは『釣りバカ』初期を手がけた栗山富夫監督の映画『祝辞』の流用。あれの原作は山田洋次なのでパクりではないけれど、パロディとして扱うにはアイデア不足に思えました。従来のハマちゃんならあそこからアドリブで巻き返しそうですし、スーさんだって何かフォローに動く筈だし。

 『釣りバカ』をバディ・ムービーとして捉えてる故にどうにも辛口評価になってしまいましたが、「結局、ハマちゃんは幸せな男」ってことを徹頭徹尾描いたのは好感。一時代を作った社会喜劇として「難しい事は抜きにしてとにかく楽しくハッピーに」という姿勢は正しいのでしょう。憧れのホバークラフトも登場するし一瞬フィーチャーされる佐伯の「ごまだしうどん」も気になったので個人的には大分観光アピールもちゃんと響いてきましたし。ただ、釣りシーンが妙に少ないのが難なのですが・・・。

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 [DVD]釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 [DVD]
(2009/03/13)
西田敏行三國連太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/334-0eaeea4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。