「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッハ!!!!!!!!

 荒削りな体当たりアクションからエンドロールのNG集まで徹底的に若き日のジャッキー・チェン映画をリスペクトしたタイ産ムエタイ・アクション。噂に違わぬ凄い映画で、予告編に嘘偽りなしでした。予算の無い映画バカが命の値段が安い国で後先考えずに全力で撮るとこうなるというサンプルです。CG使わないとかワイヤー使わない事よりも打撃が容赦無く後頭部や頭頂部に入る事に驚かされます。死人が出るから素直にCG使ってください。

 主演のトニー・ジャーは演技度外視で身体能力のみでキャスティングされたらしく、華が無い・コメディーセンスが無い・喋らない役者で、「主役にスタント使いません」が売りですけどスタントが主役やってると言った方が実態に近いです。台詞なんか冒頭のムエタイ演舞シーンで全編の1/4ぐらいを喋り終えちゃってる気がします。ところが、それを補って余りあるエキゾチックなムエタイ技と柔軟な体躯から繰り出されるアクロバティックな体技の数々!「人って飛べるんだぁ。」と呆れた衝撃の滞空時間!!しつこいアクション・リプレイ!!!見た事のないアクションの新鮮さに圧倒されます。この人ならノーワイヤーでキャプテン翼が可能です。

 ストーリーはいたってシンプルで「仏像の首を取り戻せ!」というハヌマーンの国らしいミッション。バンコク繁華街での追跡劇や三輪タクシーのカーチェイスなどタイの文化を魅力的に紹介しつつ異種格闘技を繰り広げ最後は勧善懲悪モノに落ち着いていきます。喋らない主人公に代わりストーリーを進めるのはお笑い担当のサブキャラで、「仏さまの導きで改心する息子」という仏教話にもっていくあたりが実にタイらしいです。一方、これもタイの社会問題であろうヒロイン担当の麻薬関連イベントがストーリーの本筋に絡まないのは残念でした。とりあえず、「タイでもこれ位のセクシーショットはOK」という事を世界に知らしめるためだけに出て来たっぽいヒロインの姉役の人に乾杯。そして、オープニングで意味ありげだったので一生懸命記憶に留めたムエタイの師匠も酒飲んでるおじさんも恋人っぽい女の子も全然村から出てこないのはがっかりでした。師匠の「ムエタイの使用を禁止」とか何の意味があったんですか?

マッハ ! プレミアム・エディション マッハ ! プレミアム・エディション
ナタウット・キティクン、プラッチャーヤ・ピンゲーオ 他 (2004/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/34-f94ae96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。