「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマ・ミーア!

 端から「ABBAじゃなきゃ観ねーよ!」という否定的スタンスだったとはいえ、本当にABBAの曲だけが生命線の映画でビックリしました。既成の曲だけを使って構成されるジュークボックス・ミュージカルということで、話は有って無い様なもので歌に比重に置かれるのは当然なのですが、それにしては肝心要のキャスティングと歌唱力に著しく問題ありなのでした。きっとブロードウェイや劇団四季の舞台版は素晴らしいんでしょうがね。

 とにかく俳優陣の老け具合が気になりすぎます。 主演のメリル・ストリープの確かな歌唱力は『今宵、フィッツジェラルド劇場で』で聴いて知ってましたし、コミカルで弾けた演技に大奮闘なのも認めますが、いかんせん推定年齢40歳前後のシングルマザーを務められるルックスではありません。『母べえ』の吉永小百合以上に無理があります。親友役のジュリー・ウォルターズ&クリスティーン・バランスキーを含めアラウンド60のハイテンション・パフォーマンスがドン引きものなのです。特に凄いのが"Does Your Mother Know" で、老女に群がるギリシャのフェチな若人達というシュールな光景が・・・。更にミュージカルの常識を覆す究極兵器がピアース“007”ブロスナン。その致命的な歌声で奏でる"SOS"にはこっちが助けを呼びたくなりました。ラジー賞獲得も納得です。
 けど、一番残念なのはカメラワークやダンス演出が不出来な事。本作は舞台版演出家フィリダ・ロイドの映画監督デビュー作であり脚本や振付もオリジナルと同じ人が担当してるのですが、舞台の魅力を映画で伝える力量は無かった模様。群舞はバラバラだし、ダンス中に不自然なアップ映像を挟みまくるし、照明の具合も妙に安っぽく。なにより、印象的なシーンが全然見あたりません。

 それでも、とてもハッピーな気分になり元気をもらえる作品なのは間違いありません。ノリだけで突っ走らせるABBAの力は偉大であります。熟女達には少々品位に欠けようと理屈抜きの明るさで誰もを脳天気にさせるパワーがあります。娘役のアマンダ・セイフリードの透き通った歌声も素敵。エンディング・テロップでながれる"Thank You for the Music" には温かい拍手を贈りたくなりました。

マンマ・ミーア! [DVD]マンマ・ミーア! [DVD]
(2009/06/24)
メリル・ストリープアマンダ・セイフライド

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/340-0ff3f4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。