「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の子供たち

 新聞記者の男とNGOの女がタイの児童売買春&臓器売買に迫る社会派作品。テーマも問題作ですが、売春宿の描写が露骨に劣悪だった一昔前のイメージだったり不正な心臓移植のパートが完全に創作だったりするのに「真実の物語」というコピーを前面にPRした点でも問題作だったりします。けど、とかく邦画界大手が好まないこの種の映画にこれだけの商業的なキャストを揃え、世界にはゴロゴロとある貧困の現実を真正面から見据えた点は高く評価せざるを得ません。目を背けたくなるような描写が多いので受ける側にもパワーが必要ですが、作り手のメッセージが明確に映像化されております。男達はもちろんですが、自分撮りで安易にポルノ画像をまき散らす無知な少女達にこの映画を観て欲しいのでした。

 ただ、結論から言ってしまうと、この映画は残念な作品です。デリケートな題材を細心の注意を払って撮った事は伝わりますし、役者達も監督の意気込みに熱演で応えてますが、とにかく脚本のまとまりが悪いです。特に終盤の展開がわかりにくい事この上ない。最後のオチはなかなかのアイデアで伏線の潜ませかたも上手いんですが、見せ方が悪いので折角仕込んだミスディレクションが見落とされる悲しい結果に。江口洋介、タイ人ボランティア、ブローカーの若者のキーマン3人のポジションをもっと整理出来てれば単なる告発モノに留まらない上質な社会派サスペンスに成り得たと思うんですがねぇ。
 敗因は訴えたい事があまりに多すぎた事でしょう。売春組織 VS NGOを軸に進めればいいものを、病児を抱えた日本の家族だとか捨てられた少女の顛末とかまで手を出してちゃ主題が煮込み不足になるのも必然です。自分探し女やへたれカメラマンの成長物語も不要。歌詞が延々と字幕で流れる桑田佳祐の主題歌のシーンも、気持ちはわかりますが監督の入れ込み過ぎです。

 しかしながら、チャイルド・ポルノ天国の日本、VISAで買える命、養子縁組で巧妙化する虐待などなど、貧困と暴力の実態を描き問題を提起するという目的は十二分に果たしております。劇中の手術云々は嘘にしても臓器にばらして輸出してる可能性は否定出来ずうんざりな現状に変わりはありませんし。タイ人キャスト、特に子供達の無表情や脅えた視線が自然なのが利いてますね。裸は極力写してないにしても少年少女には滅茶ハードな撮影内容だったろうに。天晴れ。

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/343-6892e55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。