「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年私的映画ベスト

 今年は毎週日曜更新で52本の感想をアップしました。しかし、2009年公開作は5本しか書けておらず、依然として消化ペースがままなりません。対象が08年1月~09年11月発売のDVDということで前年の借金が響いてる感じです。内訳は洋画32本・邦画20本で邦画が微増。サイコキラーとゲテモノ映画がズンドコ洋画に並んだ為に箸休めの日本映画が必要だったのであります。ぶっちぎりで酷い映画は『少林少女』ぐらいであまり珍作がなかったというか、『20世紀少年』三部作を華麗にスルーして大沢たかおと綾瀬はるかにも殆どちょっかいを出してないだけですか・・・。

 閑話休題。表題の2009年私的映画ベストの選考ですが、今年も観賞は下記18作に留まる体たらく。『スタトレ』と『THIS IS IT』は劇場で2回観たけど。真剣に悩んだ末に勇気が無くて仮面ライダーとウルトラマンの映画を回避しマクロス映画を見忘れたにも拘わらず、なんだか中学生魂全開のラインナップとなっており愕然であります。宇宙や山やプロレスもあの頃から大好きだったし。さて、そんな中でベスト3はこうなりました。

 第一位:マイケル・ジャクソン THIS IS IT (IMAX版)
 第二位:スター・トレック
 第三位:グラン・トリノ

 万人が認める傑作『グラン・トリノ』が三位に沈むとか自分でも吃驚。作品の完成度がだいぶ劣るマイケル映画を最上位にしたのはIMAXシアター版の臨場感が通常版とは別物だったからです。リハーサル会場を体感できるのです。そんな映画は他にありません。
 そして、社会派映画の傑作は数あれど娯楽作としてシンプルに出来がよい作品が最近は稀という事で敢えて『スタトレ』を上に置きました。ちなみに次点は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。あれはTVシリーズを知っててこその衝撃の映画なので若干評価を下げました。

(劇場観賞作品)
チェンジリング
ヤッターマン
ウォッチメン
スラムドッグ$ミリオネア
グラン・トリノ
スター・トレック
ターミネーター4
レスラー
トランスフォーマー/リベンジ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
劔岳 点の記
サマーウォーズ
宇宙へ。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
2012
イングロリアス・バスターズ

(DVD観賞作品)
レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―
マンマ・ミーア!

 そろそろ週一の感想文作成が負担になりつつありますが、来年もよろしくお願いします。それでは皆さん良いお年を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/350-8d6b666d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。