「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇にピアス

 正直言って話題の「ハードな濡れ場」目当てでありまして、芥川賞獲った原作のあらすじどころか主演・吉高由里子の顔すら知らない状態での観賞でしたが、エロ抜きでも結構興味深い映画でした。好き嫌いは両極端に分かれそうですが、若い頃には村上龍や山田詠美を読み漁ってたマピールさん的にはモロ好み。いかんせん過剰にセンシティブな女心を正面から受け止めるパワーが失われて久しいのですが・・・。

 なんちゅうか、村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』を女性視点にして焼き直した感じの話でした。ピアスとか刺青とか挙げ句にスネーク・タンとか、行為が理解しがたいし破滅的な生き方も全然感情移入出来ないんですけど、痛みでしか生きてる実感を捉えられない自傷行為癖のメンヘラな人達の心を鷲掴みにしそうな危うさがこの作品にはあると感じました。
 こういう変な話は奇を衒った映像にされがちなんですが、クラシカルというか王道の演出で撮ってたのが印象的。一昔前ならVシネかロマンポルノの枠じゃなきゃ映像化出来なかったものが文芸作として繊細に扱われたことが嬉しいです。癖のある話に加え役者の力量もそれなりなので万人ウケの傑作とは言い難いですが、たぶん原作の魅力をあまり損なわずに映画化出来てるんじゃないかと想像します。

 んで、当初目的のHシーン。吉高由里子は開始10分足らずのベッドシーンを皮切りに次々と出し惜しみ無しでヌードを披露。ビッチな演技と脱ぎっぷりの良さが光りますが、個人的には濡れ場でのエロさはイマイチ。まあ、ポルノじゃないので彼女の痛みを伝えられればいいのですが、全編に渡り痛々しい彼女が素晴らしいのに、サディスティックなセックスの時だけプレイっぽくて見劣りなのであります。入れ墨を入れる時の肢体とかは凄くセクシーでしたが。
 相手役の男二人、高良健吾&ARATAはインモラルな雰囲気がとても良かったし、見た目の割りに甲斐甲斐しかったりの萌えキャラを巧く演じていたと思いますが、一線を越えた時のバイオレンス度がちょっと弱かったように思います。彼女を殺しかねない狂気を見せるには至らず残念。
 あと、ちょっと邪魔くさかったのは無駄に豪華な端役達。主役陣が拙いなりに世界観にシンクロする一方で、カメオ出演の人達が浮いてるのはいただけません。特に、本当にどーでもいい役で出演してる唐沢寿明には笑ってしまいました。ここ凄く大事なシーンなのに。

蛇にピアス [DVD]蛇にピアス [DVD]
(2009/01/23)
吉高由里子高良健吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/363-64144762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。