「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009映画興行収入ベスト

註)これは2010年2月18日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・興行収入上位作品(日本映画製作者連盟)

 「邦高洋低」は続いてますが、興収前年比では洋画が112.3%と躍進し邦画も101.3%と全体に興収増の喜ばしい状況・・・と思いきや、興収50億円突破のビッグヒットは昨年同様4作に留まっており、よく見ると平均入場料は前年比100.2%の横這いなのでした。つまり動員の割りには映画館の儲けになってないって事で困ってしまう。
 それに邦画上位がほぼ漫画原作で占められ文字媒体は駆逐されつつあるのも気になるところ。洋画もビッグヒットの一画に畑違いで偶発的に作成されたマイケル映画が食い込んじゃう辺り悩ましい。

【日本映画ベスト・テン】
1位 『ROOKIES-卒業-』
2位 『劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス超克の時空へ』
3位 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』
4位 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
5位 『アマルフィ 女神の報酬』
6位 『名探偵コナン 漆黒の追跡者〈チェイサー〉』
7位 『ごくせん THE MOVIE』
8位 『余命一ヶ月の花嫁』
9位 『ヤッターマン』
10位 『クローズZEROⅡ』

【外国映画ベスト・テン】
1位 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
2位 『レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦』
3位 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
4位 『WALL・E ウォーリー』
5位 『2012』
6位 『天使と悪魔』
7位 『ターミネーター4』
8位 『マンマ・ミーア!』
9位 『地球が静止する日』
10位 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/368-8d5972b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。