「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイ・アフター・トゥモロー

 20世紀FOXの抱き合わせ廉価DVDでよく見かけるんでどんな駄作かと思ったらわりと普通でした。地球温暖化が原因で竜巻、洪水、そして氷河期にという、異常気象による大災害を描くエメリッヒ監督お得意の大味スペクタクル米国万歳映画です。暖房を切っての観賞がお薦めですが日本での公開は確か真夏でした。

 常識はずれなスケールの破壊映像は素晴らしいんですが、インド洋の津波やハリケーン・カトリーナなど現実の大災害のニュース映像を見てしまった後では空々しいです。とはいえ、CGは大画面で見たかったと思わせる出来でした。それにしてもエメリッヒ監督はいつもNYを壊滅に追い込みますが何か恨みでもあるんでしょうか?。あと、新宿のしょんべん横丁を参考にしたっぽい怪しい日本の町並みも見所です。これ絶対わざと間違った日本を撮ってると思いますよ。
 あと、色々と納得のいかない描写もあるでしょうがリアリティとか言っちゃダメです。吹雪いて視界の効かない真っ白映像ばかりになっちゃ仕方ないですから。勿論キャラの区別がつくように極寒下でも顔面は剥き出し。バナナで釘が打てる世界でもスムーズに会話できないと映画にならないじゃないですか。

 さて、お話の方ですが、パニック映画のくせに主要人物が誰もパニックにならないという斬新な構成と待ち中心の地味なクライマックスのおかげで盛り上がりに欠けました。ロシアのタンカーが出てきたから「アレのボイラーと燃料を利用するのかな?」とか「船に極地装備が積んであって助かるとか?」と想像したけど全然ハズレでした。狼が出た時には「あっ!これで食料と毛皮を同時にゲットか。」と思ったけどコレも深読みのしすぎ。まさか、あんな単純な方法で凌ごうとは。折角クイズ少年が揃ってるんだから知恵で生き残って欲しかったです。でも、この手の映画には珍しく核ミサイルの出番が無かった点は評価。

 映画のテーマは先進国(特にアメリカ)による行き過ぎた文明への警告なんですが、「インディペンデンス・デイ」の監督らしく反政府の色合いは殆んどありません。徹底的に人間賛歌の芸風は相変わらず。なのに人類滅亡の危機に妹萌えの変態扱いされるニーチェに涙。

デイ・アフター・トゥモロー デイ・アフター・トゥモロー
デニス・クエイド (2005/11/12)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/37-1f82d74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。