「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

 『セブン』『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャー×ブラッド・ピット作品ですが、ああいうサイコでマッチョでソリッドなバイオレンスを期待するのは大間違い。原作が文豪スコット・フィッツジェラルドで「80歳の体で生まれ若返っていく男の人生を描く物語」と聞けばらしからぬファンタジーなのはご理解いただけると思います。もっとも原作とは全くと言っていいほど違うストーリーになってるらしいというか、これはどう見ても『フォレスト・ガンプ』の焼き直しなのであります。始まり方は『タイタニック』だけども。

 しかし、勝手リメイクとはいえ侮りがたい出来。どうやら最近のフィンチャー監督は本気でアカデミー賞を狙ってるようですね。前作『ゾディアック』もアメリカ現代史を背景とした大作でしたが今回もいかにもオスカー好みな力作です。淡々とした内容ながらも3時間弱の長尺を飽きさせずに興味を引き続ける作劇が為されており『ゾディアック』より取っ付きやすいのがありがたい。設定から想像させるような艱難辛苦や悲劇の連鎖といったあざとい泣かせは一切無しで、善男善女に囲まれた順風でありふれた人生の悲喜を主人公を取り巻く非常に魅力的な人々によって描いており、惚れ惚れする演出力です。ただし、これをペーソスたっぷりな大人の寓話と受け取れるのは折り返し地点を過ぎた世代であり若い人ほどわかりにくい気がしますが。

 もう一つの売りは特殊メイク&視覚効果。老化したブラピの顔と子供ボディとの合成は遂にここまで来たかと感嘆する魔法みたいな出来栄え。ケイト・ブランシェットの10代メイクも見事ですし背景美術にも凄く拘りがあるのが伝わります。無論、何段階かの年齢を演じ分けられる役者達の力量あってのものですが、CG時代の映像表現として相当レベルが高いです。ただ、幼少期が小さな老人だったのに晩年のブラピをバカでかい幼児にしないで逃げてしまったのは残念。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]
(2009/07/15)
ブラッド・ピットケイト・ブランシェット

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/370-61fc9797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。