「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムドッグ$ミリオネア

 物語の基本プロットは艱難辛苦を乗り越えるありふれたラブストーリーなんですが、「クイズ$ミリオネア」に絡めて一人の青年の人生を語るという秀逸なアイデアと、カーストに基づく差別が存在する国インドの知られざる下層社会というスパイスで、一瞬も退屈させない娯楽作品となっております。本当にインドならではの危うい警察、怖い闇社会、底意地悪いみのもんたのおかげ。
 子役を含めほぼ無名のインド人俳優を生き生きと動かす演出力、現在と過去を巧みに切り替える物語構成、スタイリッシュで爽快な映像など、作品・監督・脚色・撮影・編集など技術部門中心でのオスカー八冠に納得。いや、筋は粗だらけなんですけどね。

 いつの間にか流ちょうな英語を覚えてるのは端折りすぎ。「何故解答出来たのか?」って疑問の答えが「偶然知ってた。」で、しかも体験した時系列通りに出題されるのはあんまりだと思います。アニメ『ワンワン三銃士』のEDテーマを歌えるとクリア出来ちゃうレベルの最終問題も興醒めです。
 けど、冒頭の4択をオーディエンスにお願いすれば圧倒的にベットされるのは「It is written(神の定め)」でしょう。つまり最初からインチキでもラッキーでも天才でもないとカミングアウトしておいて、最後には彼が「運命」を切り開いたことを観客に納得させてしまうだけのパワーがこの作品にはあります。インド映画の最大の特色たるエンディングのダンスに傾れ込むのに相応しい予定調和だからこそ胸のすくような醍醐味が素晴らしいのです。

 ・・・と、べた褒めしといてなんですが、実は終盤の展開には結構不満。一貫して「ボスの俺様と弟」でヒロインの事は「商品」ぐらいにしか思ってない兄に対し、主人公の意志は「三人で三銃士」だった筈なのに最後の方お兄ちゃんどーでもよくなってるってのはどーなのか。観客的には改心してOKだけど、主人公の性格じゃ兄を放っておけず元の木阿弥になりかねないんでちゃんと決着をつけとかべきかと。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
(2009/10/23)
デーブ・パテルアニール・カプール

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/381-050b2c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。