「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロスト×ニクソン

 リアルタイム世代ではない為、リチャード・ニクソンについては通り一遍のことしか知らず、それも多くはケネディ絡みの知識でウォーターゲート事件には疎かったりします。勿論、この映画の題材となった討論番組の存在も知りません。そんなわけで、30年前にそのTVインタビューを眺めたであろうアメリカのインテリ層の評価は高くとも、これは結構退屈するんだろうと予測しつつ知識欲で観賞しましたが、ラウンド毎の攻防でボクシングを思わせる演出のおかげで僅かな予備知識でも非常に楽しめる作品になってて驚きました。ただ、永田町の人材不足やら有能な側近の不在をまざまざと感じさせられて憂鬱になっちゃうわけですが。

 ボクシングといっても派手な打ち合いや華麗なテクニックの応酬ではなく、チャンプの老獪なクリンチワークの前に何もさせてもらえない経験不足の挑戦者という一般ウケにほど遠い図式。おまけに傍目には破壊力に欠けるように見えて大ダメージという腑に落ちない逆転の一打が炸裂します。この世紀の凡戦になりかねない構図のインタビューを面白く見せるカラクリが両陣営のセコンドですね。5年後の彼らの回想によって作られたという設定の偽ドキュメンタリー形式が巧い。間に挟まれる小ネタが結構笑えるのも良いです。
 もっとも、一番の功績はニクソンその人にあり。フロストの方は基本的にハッタリ野郎だからニクソンの政治家としての魅力としたたかさがドラマを牽引することになりますが、これが悪玉イメージしか知らなくても考え直して投票したくなっちゃう説得力なんだからたいしたもの。強烈なオーラを身の纏い一瞬の表情で落差をつけなきゃならない難しい役柄を演じきったフランク・ランジェラも素晴らしいです。

 とはいえ、最低限の時代背景は理解しとかなきゃなのも事実。ニクソンに関しては、実力がありながら見た目でケネディに敗北、大統領選に続いて州知事選まで落選し低迷、しかしベトナム戦争からの「名誉ある撤退」を主張し復活、外交・内政とも実績を高く評価され大勝利で2期目を迎えるもスキャンダルが発覚、最後まで罪を認めず謝罪もしないまま辞任、というアップダウン人生は知っておきたいところ。インタビューが行われた77年は民主党のカーター大統領が就任した直後、即ちニクソン恩赦の逆風がフォードに吹き政治が疲弊してた時期ってことも頭に入れておいた方が良いです。
 一方、洋楽好きなら記憶してる人もいるだろう米国番組「デヴィッド・フロスト・ショー」は72年に放送終了。ビートルズの「Hey Jude」が有名ですから少なくとも足かけ5年は放送が続いた筈です。つまり英・豪だけじゃなく米でもバラエティの司会者としての実績は十分にあり、しかし報道への転身には疑問符という立ち位置です。

フロスト×ニクソン [DVD]フロスト×ニクソン [DVD]
(2009/08/21)
フランク・ランジェラマイケル・シーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/382-43eb1feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。