「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地魚河岸三代目

 松竹お得意人情喜劇シリーズの次代を担う作品の筈が『釣りバカ日誌』がファイナルを迎えた後も一向に次作が登場しない『築地魚河岸三代目』。これは一作目がよっぽどの不出来なのかと思いきや必要十分なレベルでちゃんと「国民的映画」していたのであります。これ、大沢たかお×田中麗奈の恋愛ドラマを前面に宣伝したのが不味かっただけで観て貰えばシニア受けすると思うんですが。伊東四朗や柄本明が良い味出してるわけですし。あと、築地移転問題の方向性が定まらない事も続編に影響してる気がします。

 大沢たかおは人気・演技力共に突出したものが無いわりに主演作が多い謎の俳優で、田中麗奈もCM活動で見せる輝きを映画では殆ど見せない癖に出演は異様に多く、二人とも地雷原に好んで生息する印象があります。そして、本作の脚本もご多分に漏れず出来が良いとは言い難いのですが、今回は奇跡的に二人ともこの映画にマッチ。「寅さん」や「ハマちゃん」のようなインパクトは無いものの大沢たかおの纏う妙な空気が騒動を牽引する単細胞揃いの脇役キャラを非常に立たせており、マドンナ役がいるフォーマットのおかげでヒロインとしては扱いが中途半端なのが逆に幸いした模様で田中麗奈も爽やかに好演してます。レギュラーの位置にいながらゲスト的ポジションでベタな人情話を引っ張った伊原剛志の無骨なアニキぶりもグッドでした。

 そこそこ楽しめるとはいえ、脚本は手抜きが目立ち取っ散らかりまくり。メインになるべき主役カップル結婚関係のドタバタ話にしろヒロインの気持ちの問題にしろかなり適当だし、商社マンの人脈が後半に全く絡まなかったり、前半では只の脇役に見えた人物が突然マドンナに昇格したり、もう少し全体バランスを丁寧にとって欲しかったところです。おそらくシリーズ化を前提に出し惜しんだのでしょうが、台詞では築地の古い仕来り云々言うけどその大変さが描写されなかったり、仲卸という仕事の実態や目利きのポイントなど魚に関する蘊蓄が殆ど無かったり、主人公の気さくな性格とか鋭敏な舌も活躍しないなど、あるべきシーンがかなり割愛されてるのでストレスが溜まります。
 原作ネタなのかもですが、喫茶店夫婦や神社の宮司の立ち位置がよくわからず、中島史恵の水着ダンスシーンも謎でした。それでも全体的に好印象なのはキャスティングが成功してるからですね。市場の人々は勿論のこと佐野史郎の愛人あたりからでもサブ・エピソードになだれ込めそうな個性派の面々を、殆ど『釣りバカ』キャストと被らないで揃えており今後を期待させます。本当にこのまま終わらせるのは惜しい。

築地魚河岸三代目 [DVD]築地魚河岸三代目 [DVD]
(2008/11/27)
大沢たかお田中麗奈

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/388-befd7b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。