「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAGONBALL EVOLUTION

 オーディション情報で「悟空は学校で目立たないが実は隠れた才能のある武道家」という設定が洩れ伝わってきた時点で予想したのは、『ベスト・キッド』系のいじめられっ子特訓成長物という原作とは似ても似つかぬものだったのですが違いました。わざわざ鳥山明に莫大な金を払ってまでやらんでもよさげな独自ストーリーなのは事実ですが、意外に原作リスペクトがたくさんあってそれ故に失敗という身も蓋もない結果に目を覆うのです。忠実な再現を期待したファンはおろかトンデモ映画フリークにもそっぽ向かれる惨状。でも、大抵の邦画はこれより酷いですよ、うん。

 本作の導入部は体育会系学生達に見下されつつクラス一の美人・チチに憧れるナーズ野郎・悟空というアメリカン・ティーン学園もの定番の構図なんですが、悟空は初登場から気の達人であり、あっさりチチに見初められ速攻でいじめっ子もやっつけちゃうまで20分の高速展開。ここから七つの玉を集める旅に無理矢理繋ぐと学園の事はそれっきりという意味不明の流れ。てっきり悟空が『超能力学園Z』みたいに女子の胸元のボタンを気で弾け飛ばしたりすると思ったのに残念です。
 んで、冒険の方は原作でピラフ一味と争奪戦を繰り広げた「少年期編」の話をベースにピラフ様をピッコロに置き換えなんとなく「大魔王編」を混ぜて紡がれ、天下一武道会や魔族との死闘など人気要素を豪快に簡略化。クリリン・天津飯などは登場せずヤムチャは銃武装した一般人、悟空はかめはめ波習得中という状況。これでは大魔王の絶対的な強さを表現出来るわけもなくバトルが全く盛り上がりません。恐らく続編でのインフレを想定して抑えたのでしょうか、魔封波に頼らずに闘えば亀仙人が圧勝したんじゃないかと思わせるレベルってどーなのか。ボール集めや修行の方も全くツイストが無いし。クライマックスにチチがいないなど女優陣の扱いも酷い。ジェームズ・ウォンはオカルト色の強い監督なんだから、そっち方面に大胆アレンジしても良かったんじゃないかと思うんですが。無論、おバカなセクシー・ショットも織り交ぜて。

 本作の一番の教訓は、ストーリーやディテールが原作と違っても別に構わないけど主要キャラの性格まで変えちゃダメということですね。悟空は大雑把な性格もサイヤ人の「戦うことが好き」という設定も吹っ飛ばしたため爽快感を失いました。レイティングに厳しい米国の都合で亀仙人のセクハラ行為の数々も封印され見せ場が大きく減衰。折角、女優陣が性的な格好しまくってるのに。戦闘でも「セル編」のベジータ並みに役立たずな描写しかなく、『レッドクリフ』を蹴ってまで出演したチョウ・ユンファの気持ちはいかばかりか。ヤムチャに至っては主人公チームの一員なのに金に汚い上に不意打ちアタックを敢行。ピッコロより此奴の方が凶悪な気がしないでもなかったです。まあ、原作知らないキッズならそこそこ楽しめるとは思いますが。
 ところで2000年間ピッコロが封印されてた期間に大猿は何してたんでしょ?

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]
(2009/07/24)
ジャスティン・チャットウィンエミー・ロッサム

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/393-5268921a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。