「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劔岳 点の記

 山岳小説家として著名な新田次郎の手による劔岳登頂物語。同じ作者の映画化作品『八甲田山』『聖職の碑』の撮影を担当するなど大ベテランの超一流カメラマンとして知られる木村大作の初監督作品で、2009年の映画賞を席巻したのは記憶に新しいところ。CGや空撮を使わずにスクリーンの幅を徹底的に活かした撮影の真価を我が家のTVでは発揮できないものの、熊撃ちシーンのような嘘みたいに凄いショットが拝めるのが嬉しいです。メイキング映像は標準版DVDにもつけて欲しかったですが。

 まあ、撮影技術に反応する映画ヲタや山に興味がある人なら間違いなく楽しめる作品なわけですが、映画賞に釣られた一般人がこの「男達が風雪に苦労しつつ山に登って淡々と測量するだけ」の地味な映画にどんな評価を下すのかはちょっと心配です。演技力のある役者は上手く、そうでない役者ははっきり酷い事から、評価のわりに演出が巧くないのは自明で、人間ドラマとしての深みやサスペンス的な盛り上がりも一切無いですから。軍上層部以外の主要キャラが揃って人格者というのも面白味に欠けるし、奥方達が従順なだけで明治女の気丈さや逞しさを醸し出さないのも何か違うと感じました。
 また、登頂の困難さは明らかに説明不足で、地図を片手に観賞しないとどのルートを断念し現在は劔岳の何処にいるのかがさっぱりわからないというのも問題でしょう。CG無しでは登山道の映るアングルが使えない為か、最後の難所をスルーしていきなり頂上に立っていたのにも驚きました。順撮りに拘ったのも制約を増やしただけに思います。

 しかし、キャストやスタッフを危険に晒すことを厭わずに命懸けで撮りたい映像を追いかけ続けた監督の熱意が数々の失点をカバーして余りあるのも事実。素晴らしい色合いの静かな山々から、猛烈な吹雪・雷雨・強風などの大自然の迫力、立山信仰をバックボーンに持つ荘厳さや神秘性まで、きっちりとフィルムに焼き付けられております。この狂気に満ちた撮影ミッションのド迫力の前には何も言えません。

 なお、明治末期に帝国陸軍の測量隊が未踏峰とされてきた剱岳にアタックしたのは史実であり、測量官・柴崎芳太郎を始め長次郎谷に名を残す案内人・宇治長次郎や日本山岳会初代会長・小島烏水なども実在の人物です。けれど、三等三角点を設置出来なかった故に公式記録は存在せず、エピソードの多くは新田次郎の創作であり、本作では更に映画の嘘をも含んでます。例えば、第一登に柴崎が同行したかのように報道された富山日報の記事が誤りだという事は柴崎自身も認めており、四等三角点の設置に当たった第二登に参加したことを明言し原作もこれを採用してます。ちなみに、100年間わからなかった第二登の登頂日は最近になって確定しており、この辺りの経緯はこちらに纏まっております。しかし、信仰上の理由で疑問視されている長次郎の登頂については現在も謎のようです。

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/396-45f8822b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。