「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007/慰めの報酬

 リアリティ重視でシリアス路線の主演ダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンド・シリーズ第2弾。前作『カジノ・ロワイアル』は有能だが調子に乗った挙げ句にポーカーでケツの毛まで毟られるようなチンピラまがいの駆け出しが、ボンドガールと恋に落ちあっさり退職を決意したものの、愛した女を殺されてエース諜報部員に成長していく姿を描いたビギニングものでした。当然今回はタフでクールでワイルドな一流シークレット・エージェントとして活躍すると思いきや、物語は前作ラストの1時間後から始まりボンドは冷静さも自重も持ち合わせないヤクザな男のまま復讐にひた走るのでした。よって前作観賞は必須。でないと冒頭のカーチェイスから戸惑うこと必至です。

 いや、前作観てても面食らったんですけどね。続編の必要性なんて微塵も感じてなかったわけですし、死んだ女への想いを引きずり復讐心に駆られるボンドなんて想像もしなかったわけですから。細かいことは既に覚えて無くて「ヴェスパーって誰だっけ?」状態で死亡経緯も忘却の彼方、M以外に誰が前回から続投のキャラなのかも不明という有り様ではいかんともしがたく。復讐に燃える男女のヒューマン・ドラマは結構渋いだけに、一見さんお断りな造りに足を引っ張られるのは勿体ないと思いました。
 さらに007シリーズなのを忘れそうな程に定石外しが著しいと来てます。オープニング・テーマは無く、グラマラスな美女を侍らすマッチョなプレイボーイぶりは形を潜め、スパイグッズやボンドカーの面白ギミックも地味になり、英国紳士のスマートな雰囲気も喪われ殺人マシーンのようなボンド。何より知力で勝負せず常に出たとこ任せなのがスパイ映画っぽくないわけで・・・。

 私怨を抱き笑顔を見せないバイオレンス野郎の活躍でボンド映画としては違和感が強いものの、「ボリビアの水戦争」を題材にした複雑な話に迫力満点のアクションてんこ盛りで普通に面白いハードボイルドとなっております。近頃流行りのカットバック多用型アクションで何が起こっているかわからなくなるのは観る側の耄碌なのかと悲しくなりますが。
 歯止めの効かない未熟なダブルオーという役柄は前作同様に嵌り、その肉弾戦の猛々しさもスーツ姿の凛々しさもダニエル・クレイグならではですが、やっぱプロフェッショナルに成長するほど邪悪なヒットマンに突き進んでる気がします。ロマンス方面で動かしにくいのも難点で、今回のボンドガール、ウクライナ出身のオルガ・キュリレンコはなかなかにエキゾチックでキュートなのですが、物語の中核を為す役のわりに中途半端な描かれ方で存在感が薄く残念でした。

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/06/26)
ダニエル・クレイグオルガ・キュリレンコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/397-7ef86a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。