「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルキューレ

 ドイツ軍内部の反ヒトラー派によるクーデターを描いた作品。トム・クルーズのアイパッチ軍服姿が物凄い胡散臭さを醸してるわけですが、クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐は実在の人物であり、眼帯もキャラ付けじゃなく実際に隻眼で、描かれた「ワルキューレ作戦」によるヒトラー暗殺計画の顛末も概ね史実をなぞってるそうです。北アフリカ戦線の描写は導入部だけであり、勘違いして戦争アクションを期待しないよう注意。
 この件を発端にロンメル将軍が自害に追い込まれた事(この映画では一切触れられない)は知ってたんですが、事件の詳細は全然知らなかったので歴史好きとしては面白かったです。しかし、クライマックスでヒトラーの生死を隠して物語が進行するのは興醒めでした。冒頭でご丁寧に事実に基づく旨を教えてくれる事もあり、観客はクーデターの失敗を知りつつ物語を追う事になるのですからそこはもっと工夫して欲しかったです。

 でも、ドイツ貴族の誇りに賭けナチス打倒に立ち上がった英雄の悲劇として描けば楽なところを敢えて政治サスペンスに挑んだ意気は買いたいです。クーデター実行までのプロセスや政治的な主導権争いはわかりやすくまとまっており、「ヒトラーの側近にならなかった」とうそぶく弱腰軍人達とは一線を画す反骨の主人公像も素晴らしい。結末がわかっていてもそれなりの緊張感を保ち退屈と思わせない作劇も見事です。
 これで、暗殺計画の何所に綻びがあり、どんな予期せぬ出来事がおこり、いかにして叛乱が失敗したかをドラマチックに描いてくれれば文句なしなんですが、リアルに真面目に作りすぎた故に娯楽作としての醍醐味がごっそり抜け落ちてます。その後の情報コントロールの優劣による形勢逆転も美味しいネタなのに淡々と描きすぎで勿体ないです。

 ヒトラーの弁舌はドイツ語の方が趣があるとなんとなく思いますが、個人的に登場人物が英語で話すのに抵抗はありません。画面に映る日記をドイツ語で記述してたり、急に「ハイル・ヒトラー」とか言い出しても無問題。トム・クルーズがドイツ語で喋る方がよっぽど落ち着かないですよ。
 ナチス内部の正義たる反ヒトラー勢力の皆さんが地味に生臭くて権力バカから日和見野郎や獅子身中の虫っぽいのまで複雑な人間模様を奏でてる辺りが本作の見所で、トム・クルーズの華のありすぎる個性によって若干優等生的に成りすぎた物語を引き締めてると思います。『ブラックブック』で反ナチ・スパイ女を好演したカリス・ファン・ハウテンがわりとどーでもいい扱いで登場するのは解せませんが。
 とはいえ、「ヒムラー?ゲッベルス?誰それ?」レベルの知識での観賞は厳しく。劇中で殆ど説明されないノルマンディー上陸作戦後のドイツ軍情勢や国民の窮状・ナチの悪行などは大雑把に抑えておきたいところ。

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]
(2009/07/24)
トム・クルーズケネス・ブラナー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/399-20c7efa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。