「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォッチメン

 原作は80年代のアメコミだそうですが予備知識は全く無し。そんなわけで冒頭の「ミニッツメン」結成から「ウォッチメン」への世代交代、更にヒーロー禁止令を経てウォッチメンの一人が殺されるまでの歴史に詰め込まれた情報量に唖然。なんか途中でヒーローがケネディ暗殺を実行してたり、ニクソン政権がずーっと続いてたりで、歴史改変モノだと理解するまでかなり混乱しました。その後もヒーロー・アクションを楽しむつもりが、漠然とズッシリ来る陰鬱な話と青い全裸ハゲが不必要にブラブラさせてる逸物に度肝を抜かれることに・・・。

 けど、冷静に考えれば身構えるほど本編は複雑じゃないんですね。当代のヒーローだけで6名で先代もわんさかいる上に、ヒーロー名と本名が入り交じってごちゃごちゃするし、紅一点と絡むフルチンと中年にも惑わされますが、主人公というか狂言回し役が一線を越えた「絶対正義」の男ロールシャッハだとわかってくれば意外となんとかなる気がします。 セックス&ヴァイオレンスがてんこ盛りで好き嫌いがはっきり分かれそうですが、一癖も二癖もある人物像は全く退屈しないし世界観や映像センスもかなり魅力的。問題はテーマが古臭くミステリー要素が全然面白くないこと。映画オマージュが結構ある事から推すに、アメコミに詳しければパロディとして楽しめる部分も多いみたいですが。

 お話の収束点がガッカリなのは、石ノ森章太郎・永井豪・石川賢、或いは初期ウルトラシリーズの金城哲夫といった面々を筆頭に、それぞれの信念に基づく「正義」の隔たりに苦悩するヒーローのシニカルで衝撃的な物語というのをとっくの昔に開拓している日本の事情もあります。特撮ヒーロー好きやマニアックな漫画読みにとってはダーク路線こそがスタンダードですから今更感が強く。とはいえ、それをちゃんと映像化出来ないのが邦画の弱点。こういうテイストの『デビルマン』を観たかったというのが正直なところです。
 ところで、この世界観ですと日本も「ドクター・マンハッタンの傘」の元に超絶バブルを謳歌してる筈で、技術力・経済力から観て巨大ロボを所有してる連中も存在してそう。自警団活動が合法か違法かはわからないですが、何をやらせても日本一の男が一芸に秀でた悪人を潰して回ってるのは確実ですな。

ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/11)
ジャッキー・アール・ヘイリーパトリック・ウィルソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/401-0b15b860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。