「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クヒオ大佐

 元ネタとなる笑っちゃうほどインチキ臭い経歴で結婚詐欺を繰り返した金髪中年の事件は覚えてます。彼が週刊誌やワイドショーを賑わせたのは80年代半ば頃でして、後に再逮捕となった時も性懲りもなく殆ど同じ設定のまま活動していて日本中を呆れさせた人物なのです。本作は彼が出所していた90年代初頭が舞台ではありますが実際の事件とは関係なく、自称米軍将校プリンス・ジョナ・クヒオからインスパイアされたフィクションであります。
 原作段階で創作中心だそうですから事件の掘り下げや彼の人物像、口説きのテクニック、或いは騙された女たちの心理なんてのを期待しても無駄。けれど、軽めのコメディ映画として笑い飛ばすにはかなり女達の生き様が重く切ないわけでして、悲喜こもごもを味わい深いと感じるか中途半端と受け取るかこの辺のバランスが結構きわどいのでした。世界観も少し特殊なので好き嫌いは分かれそう。個人的には湾岸戦争の戦費肩代わりと女達を繋ぐ点が腑に落ちないものの、全体としては寂しい男達女達のシリアスな人間模様が良く描けてたと思います。

 とにかくキャスティングが絶妙で演技・演出は文句なし。堺雅人は相変わらず正邪怪しげな役をやらせたら天下一品で、純日本人顔に付け鼻で片言の日本語を操る軍服男という存在自体が非日常のキャラなのに自然に違和感無く溶け込んでおります。脇が甘い三流詐欺師ぶりでどこか憎めないチャーミングな男のインパクトが、真面目にコツコツ生きる女を騙す悪印象を上回ってるのが見事。どんなにバレバレでも現実を書き換え続けてクヒオとして生きる天性の嘘つきと堺雅人特有の底の見えない笑顔がきっちり嵌ってるのでした。
 女性の強さと弱さを表現する博物館学芸員・満島ひかりはかなり巧いし、中村優子のしたたかな銀座のNo.1ホステスも板に付いてるんですが、なんといっても圧巻は弁当屋の女社長・松雪泰子が見せる思い込みの激しさと献身の凄味。ありがちな愛に狂った女になるか極端にコメディよりのバカ女になりそうな役柄を、痛々しさを前面に可笑しくも哀れで真っ直ぐな女として存在感たっぷりに演じ、そのパワーは終盤のシュール展開に傾れ込む役割を担うほど。なんだか凄く惹きつけられる危うい女なのでした。彼女には幸せになって欲しい。

クヒオ大佐 [DVD]クヒオ大佐 [DVD]
(2010/03/26)
堺雅人松雪泰子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/405-722b5dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。