「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクパンサー2

 「フランス警察の恥」クルーゾー警部にスティーヴ・マーティン(米)が扮する新シリーズのパート2。相棒のジャン・レノ(仏)、恋人のエミリー・モーティマー(英)も続投し(全員フランス人役)、更に今回は伊・英・日・印から集まったドリームチームと共に捜査に当たる設定なので一段と国際色豊かになっております。ちゅか、よく考えたら役柄に米国人が一人もいません。アメリカ映画なのに。舞台もフランスとイタリアであります。
 笑いの主軸は毎度お馴染み訛りネタと使い古されたスラップスティックですが、同じギャグを2度3度と繰り返す所謂「テンドン」のバランスが巧みなので満遍なく小粒な笑いを手堅く誘ってきて飽きさせません。もっとも、破天荒で傍迷惑でクレージーな警部の活躍を観せて欲しいというのが本音ですが。

 キューバ系米国人のアンディ・ガルシアがイタリアのプレイボーイというのを除けばドリームチームの面々はその国の俳優が担当。とはいえ日本の刑事は松崎悠希という米国在住の役者です。『硫黄島からの手紙』で二宮くんの仲間をやってた人ですね。『ラストサムライ』にも出演してるらしいけどこっちは何の役か知りません。まあ、無名の役者がガルシアと対等に扱われるわけもなく活躍の場は殆ど無いのですが、この人がキツイ日本語アクセントで話したので他のキャストも極端に訛った英語を使ってるのが伝わりました。英語力がゼロに等しい人間としては大助かり。
 やたらと目を惹くセクシー系インド美人はアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンという人で、『スラムドッグ$ミリオネア』でクイズの答えにもなってる超有名俳優アミターブ・バッチャンの息子の嫁にあたる人。自身もボリウッドのトップ女優だそうです。控え目でキュートなお嬢様風ヒロインのエミリー・モーティマーとのコントラストは素晴らしいですが、二人とも実年齢は30代後半。男優陣に至っては日本代表以外が50~60代に集中しており平均年齢がどうにも高すぎますな。

 本シリーズのクルーゾーはピーター・セラーズ版より毒のない真面目な切れ者に設定されている為、終盤の事件解明がかなりマトモ。折角のドタバタ劇がそこで失速しちゃうのが勿体ないです。事件はもっとクルーゾーのせいで紆余曲折を辿り混乱するべきで、あっと驚くどんでん返しも用意したいところ。
 また、今回はクルーゾー以外に笑いを引っ張るキャラがおらず彼が抜けたシーンでテンションが下がるのが気になりました。前回は全身タイツで頑張ったジャン・レノが地味なのが痛いです。そして、クルーゾーに悩まされるのがお約束のドレフュス警視があまり前面に出ないのも残念。今回扮したジョン・クリーズはモンティ・パイソンの“バカ歩き”の人なんだから、もっと高圧的で相応に酷い目に遭うハチャメチャな警視を見せて欲しかったです。

ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]
(2009/10/02)
スティーブ・マーティンジャン・レノ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/406-738d2528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。