「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラー・ヴァージンロード

 自身の演劇ユニット「地球ゴージャス」で作・演出を手がける俳優の岸谷五朗が監督・脚本を担当した作品。最初から勢い任せで突っ走り最後は激しく息切れという、初監督作品にありがちな出来ですが役者さんが頑張って想像したほどには悪くないものに仕上がってました。いかにも舞台出身の人らしい不条理コメディで、映画の定石から言えば不作法としか言い様がないショートコントの羅列でありますが、小手先の技巧に奔らずわかりやすく観られる点は好印象でした。盛り込み過ぎ・誇張し過ぎで全体のまとまりは悪いし、「タバスコの二人」などの引っ張り過ぎなネタの数々もありますが、上野樹里×木村佳乃のコンビネーションは案外面白かったです。

 とにかく、冒頭のわざとらしいミュージカルを観て即座に現実的思考をシャットダウン出来るかが勝負の分かれ目。このハイテンションにドン引きしてしまったり、ストーリーの繋がりを気にしたりすると萎えること請け合いです。ナンセンス展開上等で一発ネタとして受け入れるが吉なのです。シーンの必要性を考えちゃ駄目。深く考えて見る映画じゃないのですから。
 見所は独りで突き抜けてる「死ねない自殺女」木村佳乃。演技派コメディエンヌ・上野樹里を完全に喰う強烈なキャラクターで魅了します。本格的に登場した途端にドラマが安定し本筋から外れると共にあからさまに失速する辺り、映画としては失敗なんですが彼女の凄さを如実に示しております。
  そして、高島礼子・小出恵介・小倉久寛・北村一輝などの豪華俳優陣が、カットしても話が問題なく繋がる無理なシーンでの出演。一発の小さい笑いを残し豪快に使い捨てられる姿が新鮮でした。出番が多い人ほどギャグが滑るのはいただけませんが。最後にサブキャラ達の話が綺麗に収束していけば良かったんですが、連関性に乏しかったのが残念。

 ダメダメなのは上野樹里がウエディング・ドレスに着替えてから。つまりクライマックス。ここまでずっと無茶苦茶なノリで突っ走り、上野樹里の見事な号泣で落差のあるギャグを期待させられ、しかし大真面目に泣かせで押し切られる屈辱。そもそも「どん尻ビリ子」の設定自体が作品の中核を担ってないから、落とし所として機能してません。追い打ちにEXILEの人の蛇足エピソードが整合性を崩すのも酷いです。主人公が幸せになることが他人の幸せに繋がるという話であのオチは無いし、木村佳乃抜きで締められる筈もないのに。

キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD]キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD]
(2010/03/26)
上野樹里木村佳乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/409-6f6e94a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。