「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

 当ブログで何度か言及していたにもかかわらず放置していた新訳ゼータ第一部をやっと観賞。この映画は単独で観ればTV版ダイジェスト以外の何者でもありませんが、三部作からなるのが前提の作品なのでこの段階でシナリオの評価は無理ですね。

 ただでさえややこしい物語の約15話分を90分強に収めたわけですが、驚くほど圧縮率が高くてハイテンポ、旧作を観てない客は置き去り必至です。脳内補完が要求されるので当時のファン向けってのは納得です。エンドロールのキャラ数のあまりの多さに唖然。しかも古い絵と新しい絵でキャラの顔立ちが別人なんで混乱に拍車がかかります。
 新旧の絵が混在するのは予算の都合なんでしょうが、キャラ絵を「マッチングなんかするわけない」と割り切ってるクセに、画質とかだけ色々と高度な処理してマッチさせようとしてるのが微笑ましいです。特に殆んどパズル状態の旧作編集部分は拍手ものです。メカはやっぱりリメイク版の方がグッド。特にアッシマーが異常に格好いいです。

 旧作では特に重要でなかった両親の死が丁寧に描き直されてる所をみると、母の死が影を落とす小説版のモチーフを焼き直すのかとも思ったんですが、富野監督は主人公カミーユの性格とあの破滅的なラストは変えると言ってるらしいんでどうなるやら。今のところは自己中でキレやすい若者のままですが。第三部までのサブタイトルを見る限り世代交代と愛がテーマのようですが、TV版は全くそんな話じゃ無かっただけに今後どんな展開を見せるのか楽しみです。

 あとガンダム映画なら無理矢理でもお約束のシャワーシーンを追加して欲しかったです。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
安彦良和、大河原邦男 他 (2005/10/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/41-2c54fe31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。