「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012

 映画館で見るべき映画だと最初からわかってましたが、劇場で観た時の印象とテレビサイズのそれに予想以上の開きがあります。一番の原因はボディソニックの有無ですな。大画面&大音響の元では圧巻のスペクタクルに酔いしれる極上アトラクション映画だったのに、ストロングポイントを失った結果は主役一家の強引な脱出劇を笑うナンセンス・コメディとなっております。いずれにしても災害シーンに致るまでがやや長く、終盤で強烈にスケール・ダウンする問題点は共通。ディザスター映画につきもののヒューマンドラマも期待しちゃ駄目です。

 しかし、ドラマが無茶苦茶でスカスカだからってローランド・エメリッヒ監督をトンデモと揶揄する気にはなれませんね。監督は「凄い破壊映像を見せたい!」の一心で、恐らくは予算が尽きるギリギリまでカリフォルニア大破壊やらイエローストーン大噴火やらに血道を上げたのでしょう。結果としてクライマックスを低予算に抑える羽目になったものの、ドラマ部分の体裁も最小限のコストで整えた手腕は目を見張るものです。まあ、これだけ「マヤ暦」云々をおざなりにするなら、『2012』のタイトルは他の同案映画に譲ってやれと思わなくもないですが。けど、ツッコミどころ満載の珍妙設定を取り揃えて「ストーリーなんて飾りです。偉い人には・・・」と知らしめる姿勢に感服。

 なにしろ聖戦士並のオーラ力を発揮して車や飛行機で避けまくる映画にレーサーや軍人を配置せず、「訳あってリムジンの運転手をしてる三流作家」とか「飛行機の操縦が出来る美容整形医」とか不自然極まりない設定のキャラが活躍するわけですから狂ってます。大地震下での離着陸シーンを何度も繰り返せる神経も凄いし、宝の地図の顛末も強烈。
 また、パニック映画のお約束でパーティから脱落する人物が存在するわけですが、殆どがあっさりと殺されてしまいます。一切、感動的に描かれず遺された人々に希望も悔恨も与えない死なのです。そもそも生き残るのが権力者と金持ちばかりという所にエメリッヒ監督の底意地の悪さが現れてますが。生き延びて欲しいと思うキャラが全く見あたらないというのは新しいですな。
 
 そんな中、個人的にもっとも腹が立ったキャラは異変を最初に発見したインド人。奴はもっと早くに陸路でだって逃げれた筈です。主人公よりも多くの情報を持ち、素早く初手を打てて、箱舟の近くにいるんですから。あんなのが悲劇的なポジションに祭り上げられたんじゃ何も出来ずに死んでいく殆どの人類や、強運だけで乗り切るとはいえ足掻いて足掻いて足掻きまくってる主人公達に失礼です。

2012  スタンダード版 [DVD]2012 スタンダード版 [DVD]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/410-1f9dc7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。