「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中のあなた


 白血病の姉を救うため遺伝子操作されドナーとして生まれた少女が、臓器提供を拒み両親を相手に訴訟を起こすというヒューマン・ドラマ。とはいえ、主演キャメロン・ディアスで次女役が『リトル・ミス・サンシャイン』のぽっちゃり女児アビゲイル・ブレスリンとくれば、無理を強いる親とドロドロの法廷バトルってな展開なわけもなく、終末医療の問題提起を軸に家族愛を描いた切なく温かく泣ける映画に仕上がっております。こういうのを観ると、日本の「難病もの」の多くが如何に安直で踏み込みが浅いかがよく判ります。

 ラブコメの女王と実力派子役の競演が話題で、二人ともそのユニークな魅力を遺憾なく発揮してくれてる本作ですが、それ以上に頑張ってるのが白血病の長女を演じたソフィア・ヴァジリーヴァです。当初は天才少女ダコタ・ファニングが起用(そして妹役も実妹エル・ファニングだった)されていた難しい役を見事にこなし、鼻血や嘔吐も厭わずに髪どころか眉まで抜けた顔を披露して強く優しくキュートに大熱演。実質の主役と言って良い活躍でした。辛い治療でボロボロになりながらもポジティヴに短い青春を謳歌する様がグッと来ます。ここは、恋人役トーマス・デッカーのTV版『ターミネーター』のジョン・コナーの時とは大違いの男振りにもやられました。

 デザイナーズベイビーの問題から、延命治療の是非、難しい問題に直面した家族の在り方まで観る者に考えさせる要素がてんこ盛り。多少の取っ散らかりや投げっ放しもありますが、説教臭かったり小難しかったりすることなく描くストーリーの構成が巧みです。現在と過去の回想が行き来し、視点も一人に固定しない重層的なシナリオの緊張感のおかげで、ミステリー仕立てのオチがわりと簡単に読めてしまっても問題なく楽しめました。地味だったパパと息子それぞれに、大事なところで家族を救う見せ場があるのも良かった。全体的には善人ばかりが出てきてちょっとロマンチックすぎる内容でしたけど、家族それぞれの心の中や弁護士・判事・担当医のエレガントな対応がしっかりまとめられてるのが素晴らしかったです。

私の中のあなた [DVD]私の中のあなた [DVD]
(2010/02/19)
キャメロン・ディアスアビゲイル・ブレスリン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/413-733614fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。