「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のむきだし

 「映画秘宝」誌でゼロ年代最強邦画と評価されたり各方面で大好評の、ずっと気になってた大長編をやっと観ました。独特のクセはありますが、ほんと物凄い作品でした。アクション&バイオレンス風味の青春コメディかと思えば、想像を遙かに超えて背徳と信仰を壮大に網羅するエネルギッシュな社会派純愛エンターテイメントなのでした。波瀾万丈な展開で少しも飽きさせず、なんだかわからないうちに4時間たってしまいます。混沌が『キル・ビル』っぽい映画なのですが、これが実話を基に製作されたというからビックリ。しかも後半の新興宗教の話だけじゃなく盗撮と変態の部分も含むと言うからまたビックリ。

 ストーリーを吟味すると4時間もかける必要は無さそうでシナリオの質が良いとはいえないんですが、タランティーノ作品のような間延びは一切無しに異様なハイテンションのまま矢継ぎ早に話を進めて無理矢理説得力を持たせる力業に感嘆。最初の1時間だけでも「母の死」→「父の転向」→「懺悔強要」→「非行」→「盗撮」→「女装」→「バトル」→「勃起」→「運命の女」と発想の異次元ぶりを見せつける謎すぎる流れが観る者を惹きつけます。梶芽衣子の『女囚さそり』へのオマージュと70年代風の演出・音楽なども絶妙でした。

 そして、アイドル上がりとは思えない満島ひかりの大活躍。登場早々パンモロでセーラー服空手アクション。その後もひたすらパンチラで自慰行為にレズビアンに緊縛監禁とアブノーマルな行為にとことん躰を張ってます。長回しで新約聖書の「コリント人への手紙」を一章丸ごと捲し立てる迫真の演技も見事。
 相手役の西島隆弘は全然知らない役者だったんですが、調べたらアイドル系の歌手兼ダンサーだそうで、こんな巨根の変態役を颯爽とこなしていいのかと心配になりました。普通の学生から盗撮王子に女装人格など色々な顔を上手く演じていて、男のくせに凄くキュート。今後の俳優活動に注目したいです。
 しかし、この二人以上に強烈なのが奥田瑛二の娘・安藤サクラ。満島ひかり同様パンチラ止まりで脱がないしし美人でも可愛くもないけど妙にエロエロです。そして、いかがわしく陰湿で猟奇的な恐ーい女を的確に演じています。板尾創路に跨り無表情でイチモツを下着に擦り付けるサイコっぷりや、話が進むほどに不気味さを増し壊れていく様は圧巻。
 それにしても三者三様の若手からこれだけの存在感を引き出せる園子温監督の手腕には恐れ入りますねぇ。

愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘満島ひかり

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/415-9c59746c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。